書籍:ナニワ金融道 スーパー不況を乗りきるゼニの美学

先週、ふとブックオフで漫画の「ナニワ金融道(以下、ナニ金)」を手に取り、
大学の時に図書館で読んで以来で懐かしいなぁ、と何気なく1巻を買ってみたところ、
気付いたらハマッてしまい、一気に全19巻を読み上げてしまいました。
私に影響されたのか奥さんもハマッてしまい、電車で出かける時に
二人で座席に座ってナニ金を読みふけることもありました(笑)

ということで、その流れでナニ金の著者、故・青木雄二さんが書かれた
表題の文庫本『ナニワ金融道―スーパー不況を乗りきるゼニの美学』を読んでみました。
本書には、青木さんの「お金」に対する考え方が書かれており、ナニ金の根底にある
考え方を知ることが出来ました。
青木さんはガチガチの共産主義者ですので、本書の全てに共感することは出来ませんが、

「うまい話なんて絶対転がってないわ!」
「ホンマにオイシイ話があるんなら、誰でも人には決して漏らさんと自分でこっそり独占するわ。」
「ダマされないような教育をなぜしない」
「サラリーマンも、自営業者と同じように自己申告にしたらどないやろか。
 そうすれば、自分が払っている税金に対して、認識も違ってくるんやないか。」

といった主張はまさにその通りです。
特に上から二つについては、当たり前の話ではありますが、未だに悪徳商法に引っ掛かってしまう人が
後を絶えないことを考えますと、ノーリスクハイリターンは無い、眉唾ものの「ここだけの話」には
気をつけなければいけない、ということは、義務教育でも教えなければいけないと思います。

さて、ナニ金では色々な金融詐欺が登場しますが、本書ではクレジットカードのスキミングについて
注意喚起しています。

^^(以下、本書抜粋)^^^^^^^^^^^^

やたらにクレジットカードちらつかせるのはやめといたほうがええ。
海外旅行していかがわしい店に入ったら、知らんうちにカード抜き取られて不正使用され、
日本に帰ったら本人宛に目の玉飛び出るような金額の、使った覚えのない請求書が届いたりするで。

(中略)
 
抜き取られなくても、海外ではクレジットカードから目を離したら最後と思わなアカン。
専用の読み取り機を使って、二、三秒で簡単に磁気データをコピーをされてしまうで。
たとえば高級レストランで支払いするとき、席に着いたままカードをウェイターに渡すのは
一番危ない。客の目が届かないところで、悠々とコピーできるからな。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ちなみに、私も一度、スキミングにあったことがあります。
4年位前、前職(不動産業)の先輩と二次会でフィリピンパブに行った時に、
二人とも現金の持ち合わせが無かった為、私がクレジットカードで払うことになりました。

その数日後、クレジットカード会社から電話があり、以下のようなやり取りがありました。

クレ:昨日、秋葉原の電気屋で20万円程の買い物をされましたか。
私 :いえ。昨日は仕事で会社にいました。
クレ:不正使用の疑いがあります。通常、偽造クレジットカードは、風俗店等で
   クレジットカードを使った際に、スキミングされるケースがほとんどなんですが、
   最近、その手の店にいかれましたか?
私 :(本当は行きましたが)・・・いえ、行っていません。
クレ:当社は、被害にあったお店を突き止めればこれ以上の被害者を出さずに済みますので、
   正直にお話頂きたいのですが、本当にその手の店に行ってないでしょうか。
私 :・・・行ってません。
クレ:そうですか・・。では、偽造カードによる不正使用として、当社(カード会社)が
   今回の代金は補償しますので、○○さん(私)には負担は生じませんので。

というやり取りがあり、結局、スキミングによる被害はありませんでした。
あくまで私がその手の店に行っていることが前提の会話には辟易しましたが、
何とか金銭的な負担が無くて良かったです。

なお、クレジットカードには通常、「盗難保険」という保険が付いているケースがほとんどで、
クレットカード会社により異なりますが、被害の後、60~90日の保険適用期間内に
不正使用が認められれば、補償を受けることが出来ます。
本人に重大な過失がない限り、不正使用された金額はクレジットカード会社が保証してくれるのです。

とはいえ、海外でスキミングされた場合に、上記の私のケースの様に、クレジットカード会社自らが
偽造カードの調査・確認をしてくれるとは限りません。
かといって、「今日から全くクレジットカードを使用しない!!」と決めてしまうのも生活を不便にしますので、
「使う場所を考える」、「カード会社からの請求書には必ず目を通して、不正な使用が無いか
確認する」という事を心掛けて、上手くクレジットカードと付き合っていきたいと思います。

ナニワ金融道―スーパー不況を乗りきるゼニの美学 (講談社プラスアルファ文庫)ナニワ金融道―スーパー不況を乗りきるゼニの美学 (講談社プラスアルファ文庫)
(2009/06/18)
青木 雄二

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: