FC2ブログ

元総務&法務担当の部屋     

これまで、ある企業で約十数年間、法務担当(+α)として仕事に従事していた者です。最近、財務・経理部門に移動しました。このブログは、仕事に関する書籍を読んだ感想や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP法務 ≫ 「食品添加物」も消費税の軽減税率の対象物品となる(購入用途は関係無し)

「食品添加物」も消費税の軽減税率の対象物品となる(購入用途は関係無し)

2019年10月1日に消費税の税率が改正されましたが、皆様の会社での対応状況はいかがでしょうか?

私の所属会社は、当初、軽減税率の対象となる物品の取引をビジネスの生業にしていないので、通常の取引についてはシステムの設定上、経過措置を考慮しつつも、基本的には税率を8%から10%に一律変更するくらいで、軽減税率については、菓子折りや会議の弁当・お茶を購入した際に軽減税率(8%)で処理する程度と考えていました。

ただ、色々と確認した結果、当社が極少量、取引している「食品添加物」が軽減税率の対象となる「飲食料品」に該当するということが判明し、当該物品の取引については軽減税率の税コードで取引するよう、システムの変更を直したケースがありました。

普段、食品とは関係の無い工業用として取引しているものでも、実は食品添加物に該当する場合もありますので注意しましょう。

なお、軽減税率が適用されるかどうかを判断する際のポイントとしては、事業者が物品等を販売する際に、飲食料品(食品添加物を含む)として提供したかどうか、ということです。購入者側の購入用途は関係無いようですね。

例えば、「重曹」と呼ばれる炭酸水素ナトリウムは、ふくらし粉やベーキングパウダーとして「食品添加物」ということで販売されていますが、一方で、洗剤としても販売されています。この場合、「食品添加物」として販売されている場合は、購入者の購入意図にかかわらず、軽減税率(8%)が適用されることになります。

この辺も含めた軽減税率全般については、農林水産省 食料産業局がネットで公表している「消費税 軽減税率Q&A早わかりガイド」に詳しく解説されていますので、気になる方はご参照ください。

http://www.maff.go.jp/j/shokusan/keigen20191001.html#a2

軽減税率のような新しい法令に関する疑問が生じた場合は、真偽が不明な、(本ブログも含めた)個人が提供しているネット情報を参考にすることなく、官公庁が公表している情報を参照するか、官公庁の相談窓口に問い合わせて確認するようにしたいものですね。


[軽減通達2]
販売する事業者が、人の飲用又は食用に供されるものとして譲渡した場合には、顧客がそれ以外の目的で購入し、又はそれ以外の目的で使用したとしても、当該取引は「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の適用対象となる。





<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本)>
最新 知りたいことがパッとわかる 給与計算の事務手続き・届け出ができる本
(多田 智子氏 著作)

kyuuyokeisan_convert_20191007202035.jpg




<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本)>
最新 知りたいことがパッとわかる 社会保険と労働保険の届け出・手続きができる本
(吉田 秀子氏 著作)

syakaihoke_convert_20191007202021.jpg

[hitorihoumuメモ]
経理業務をする上で、給与・社会保険周りの法令・ルール等についての知識不足を感じ、先般、上記2冊を読んでみました。

上記書籍を購入する際に、給与計算の本をアマゾンで探していたら、「給与計算実務能力検定」なる検定があることを知りました。どうせなら、具体的な目標がある方が勉強のやる気が出るというものなので、この際、11月に行われる「給与計算実務能力検定」の2級でも取ってしまおうかと、9月末申し込み期限にギリギリ飛び込みセーフして、勢いで受験申請してまおうかとも考えましたが、一応、問題集のサンプルを見てみたら、当然のことながら細かい計算を問う問題が出て来て嫌気がさしたので、受験は早速、断念しました・・。



<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本)>
内部監査実務ハンドブック(第2版)
(有限責任監査法人トーマツ (編集))

naibukasa_jitumu_hando_convert_20191007202048.jpg
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL