FC2ブログ

総務&法務担当の部屋     

現在、ある企業で法務担当として仕事に従事している者です。このブログは、特に法務に関する書籍や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP法務 ≫ 書籍:架空取引(講談社文庫)(高任 和夫氏著作)

書籍:架空取引(講談社文庫)(高任 和夫氏著作)

1.久々に小説を読んでみました。

今般は、「架空取引(講談社文庫)(高任 和夫氏著作)」を読んでみました。本社の著者は、以前、本ブログでも取り上げさせて頂いた書籍「商社審査部25時―知られざる戦士たち」と同一の著者です。

私は普段、仕事に直接役に立つ実務書ばかりを読んでいますが、ふと、アマゾンで本書を見つけてポチり、通勤時間で読み始めてみたところ、会社の最寄り駅に着くのが惜しいくらい、本書を夢中で読みふけってしまいました。知的好奇心を満たす読書も楽しいものですが、たまには、純粋に楽しむ為の読書もいいもんですね。
ただ、小説を読むとしたらやはり経済小説となりますが・・(^^;)

なお、本書は、銀行系リース会社に勤める審査部長を主人公とした物語ですが、上記勤務先は、リース会社の一般的なビジネスモデルである「ファイナンス・リース」、「オペレーティング・リース」に加えて、商社のように、売り・買いに介在する仲介取引も実施しており、本書は、当該仲介取引に関する架空取引をテーマとしたフィクション物語です。私が所属している会社も商社ビジネスをしていることもあり、リアリティを持って読み進められました。



2.架空取引に介在しない為に

仲介取引に関する架空取引が発生する要因の一つに、製品が仕入先から顧客に直送されて、間に入る仲介者は伝票(ペーパー)だけで売り買いすることにあります。

仲介者は、当然、顧客から、仕入先の発行する納品書に受領印を受領する等してから、売上計上、仕入計上をするものの、モノが実際に流れているのかどうか、なかなか確認しようが無いので、本書のように、仕入先と得意先に共謀された場合、全てのエビデンスは揃ってしたとしても、実際は取引が架空だったなんてこともありえます。

なお、架空取引では、モノの物流すらない場合もありますが、モノが実際に流れているように見せかける為、モノの物流が伴う場合もあるようですが、実は、同じ製品がグルグルと取引の当事者間で回っているだけ、という場合もあります。グルグル回ってもいいように、経年劣化がし難く、製品を特定し難い鋼材等が、架空取引にしようされやすいみたいですね。

とはいえ、架空取引リスクを防ぐ為に、直送取引は全て禁止して、在庫販売しかしない、というようでは、余計な保管料・物流費が掛かって、商社としては商売になりません。

その為、(商社業界では当たり前のことですが、)仲介取引をする場合には、以下のような点に注意して、架空取引に巻き込まれない・介在しないように取引しております。

リスクを100%ゼロには出来ませんが、積極的に自ら循環取引に介在することは論外ですが、架空取引に介在して騙されないように、気をつけたいものですね。

[商社としての主な注意点]
・当社が取引に介在する理由が明確か確認する。

・自社の役割が金融機能しかない取引は原則しない。
 ※上記取引を全て禁止出来無いところが、専門商社にとって難しいところですが・・。

・仕入先の納品書、販売先の受領書等だけでなく、物流業者の運送記録等も確認して、
 物流のエビデンスも入手する。

・仕入先と販売先との関係性、会社の実在性・内容を確認する。

・仕入先、販売先には定期的に訪問する。

・自社以外に商社・代理店が商流に介在する場合、その介在理由が明確か確認する。

etc.

kakuu_convert_20180224112453.jpg



<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本)>

愛着障害 子ども時代を引きずる人々(光文社新書)岡田 尊司氏著作

aikyaku_convert_20180224112437.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL