FC2ブログ

元総務&法務担当の部屋     

これまで、ある企業で約十数年間、法務担当(+α)として仕事に従事していた者です。最近、財務・経理部門に移動しました。このブログは、仕事に関する書籍を読んだ感想や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2019年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年05月
TOP未分類 ≫ TSUTAYA 渋谷店でVHSのビデオデッキがレンタル出来ますよ。

TSUTAYA 渋谷店でVHSのビデオデッキがレンタル出来ますよ。

1.映画「てなもんや商社」をVHSで観てみました。

今般は、「てなもんや商社(1998年)」という映画のビデオを借りて観てみました。

この映画は、日中間にてアパレル貿易を行う萬福中国貿易という会社に、ほんの腰掛けのつもりで入社した小林聡美さん演じるヒカリが、キャラの濃い上司・先輩の影響を受けながら、次第に仕事の面白さに気付き、成長していくというドタバタコメディ映画です。

キャストが、小林聡美、渡辺謙、香川照之、金田明夫、柴田理恵、田中邦衛、桃井かおり、柴俊夫、鶴田忍と、豪華な俳優陣で固められており、小林聡美さんはハマり役で、また、華僑でヒカリの上司役 王課長を演じる渡辺謙がいい味を出していましたね。「誰でも面子があります。僕は絶対にそれをつぶしません。」等、心に残るフレーズもしばしば登場します。

この映画は、今ほど、中国の衣料品の品質管理の質が高く無い時代で、中国が今のような経済大国になる前の約20年前の中国を舞台にしており(というか撮影されたのが20年前)、懐かしい思いに駆られましたね。この映画はDVD化されて、もっと多くの人に観てもらいたいものです。

[映画「てなもんや商社」VHS版のパッケージ]
tenamonya_convert_20171103162639.jpg

2.TSUTAYA 渋谷店でVHSのビデオデッキが借りられます。

2年前位に、上記映画の原作となる「中国てなもんや商社(谷崎 光氏著作)」を読んだことがありました。私の所属会社も中国をメインにビジネスを行う専門商社ということもあり、あるあるネタも満載で、なかなか面白い本だなぁという感想を持ちました。

その後、本書が映画化されていることを知ったものの、20年も前の映画で、あまりメジャーな映画ではないこともあり、VHS版しか出ておらず、DVD化されていないので、我が家にビデオデッキがないことから、観る機会がありませんでした。

その後、思い立って、漫画喫茶や個室ビデオボックスに問い合わせたものの、VHSのビデオデッキを置いているところは無く、諦め掛けていたのですが、「てなもんや商社」のVHS版をレンタルしているTSUTAYAの渋谷店にふと立ち寄ってみたところ、当店でビデオデッキを有償で貸し出していましたので、ようやくこの映画をレンタルして鑑賞することが出来ました。

ちなみに、家に持って帰ってみるのは、後で返すのが面倒なので、近くの漫画喫茶に立ち寄り、テレビの配線を繋いで鑑賞した後、当日中に返却致しました。久しぶりにビデオを巻き戻して返却しました。

ダラダラ書いてしまいましたが、見たいビデオがVHSビデオ版しかレンタルしていない場合で、ビデオデッキを買うのはちょっともったいないな、という場合には、TSUTAYA渋谷店を利用されてはいかがでしょうか?他の店舗でもデッキのレンタルをしているかもしれませんが、確認しておりませんので、あしからず。



<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本)>

英語力0(ゼロ)なのに海外営業部です(竹内 絢香氏著作、高橋基治監修)

[本書で再確認された事項]
国内の学習だけで使える英語をモノにした学習成功者は、英語学習の「仕組みづくり」と「習慣化」に成功した人たち。

eigoryoku_convert_20171103162549.jpg



ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う(今枝 昌宏氏著作)

bijinesumoderu_convert_20171103162610.jpg



英語の交渉 直前7時間の技術 「しごとのミニマム英語」シリーズ(ロッシェル・カップ氏著作)

tyokuzen_convert_20171103162521.jpg
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL