「短答合格後、論文試験結果待ちの方」に対する現時点の内定判断について

最近、私の所属会社で、法務担当を募集しておりまして、書類審査、面接対応をしているのですが、今年の司法試験の短答式試験には合格しているものの、論文試験の合格結果待ち(発表日:2017年9月12日)という方から、ちらほら応募頂いています。

ただ、上記のような方の場合、面接後、人物面・職歴的に高評価の場合でも、現時点で内定を出すかどうか、なかなか悩ましいですね。

論文試験に合格した後、法曹資格を得る為には「1年間の司法修習」+「二回試験に合格」する必要がある中、今、内定を出しても、内定辞退をされてしまうかもしれませんからね。司法試験に不合格だった場合に備えて、保険として、就職活動をしておこう、という方が多いでしょうし。

司法試験の合否が不明な現在、合格発表前の方を何名か面接しましたが、その面接で、一応、

「当社に入社した場合には、いつ頃、司法修習に進むのでしょうか?」

と質問をしたところ、皆さん、

「いつかは司法修習を受けたいと思いますが、直ぐには司法修習には進みません。しばらく企業法務の実務を積んだ後、タイミングを見て、司法修習を受ける予定です。」

というようなご回答をされます。

まあ、そりゃ、面接に来てる以上は、そう言うだろうでしょうね。ヤボな質問してゴメンナサイ。。

中には、「所定の期間、法務職に就けば、司法修習の受講が免除される制度もありますので、この制度の利用も検討しています。」という方もいました。会計士と同様、こんな制度があるんですね。

ただ、「そんな制度があるんですね。それは知りませんでした。ちなみに、何年、法務職に就けば司法修習を免除されるのですか?」というこちらの質問に対して、「これから確認してみます・・・。」という回答しか得られなかったので、あまり真剣には上記オプションを考えてはいないんだろうな、という方もいました。意地悪な質問でゴメンナサイ。。

現時点で、最終選考が終わった場合の選択肢としては、以下の選択肢が想定されます。

1.直ぐに内定を出す。

  [デメリット]
  上述の通り、例えば10月1日に入社予定として内定を出しても、
  その直前に内定辞退される可能性あり。
  また、折角、入社したとしても、やっぱり司法修習に進みたい、ということで、
  1年、2年の短期で退職するリスクあり。

2.司法試験の合格発表まで内定発表を留保し、合格判定後、
  応募者と今後の司法修習の予定・応募者のキャリア等を双方誠実に協議の上、
  内定を出すかどうか判断する。


  [デメリット]
  合格発表まで、もうしばらく採用活動を継続する必要がある。

  もたもたしている間に、他社に入社の意思表示をしてしまうリスクあり。

3.司法試験で不合格となることを停止条件にして内定を出す。

  [デメリット]

  この場合、応募者に、試験に不合格になることを会社側が願っているみたいに
  取られてしまったり、会社に対して嫌なイメージを与えるリスクあり。
  (考えすぎでしょうか?)。

  合格発表まで、もうしばらく採用活動を継続する必要がある。

4.直ぐに内定を出す。なお、内定を辞退して、直ぐに司法修習に進むとの回答を
  受けた場合でも、司法修習が終わって二回試験合格後、もし、当社に来たければ
  採用するとの条件付で内定を出す。

  将来の法務増員を見込んでおり、また、よっぽど優秀(そうな)人材だった
  場合の青田買いケース。

  [デメリット]

  もっといい人が現れるリスクあり。。

  また、待ちに待って入社頂いたものの、お互い、こんなはずじゃなかった、
  という残念な結果も想定される。

結論として、上記のような方に対して、当社はどう対応するのかについては、応募者の方から当社が特定されてしまうかもしれないので、書けませんが、個人的・現実的には上記2なんでしょうね。



<超個人的な備忘メモ(最近、読み終わった本>
・こんな上司が部下を追いつめる―産業医のファイルから(荒井 千暁氏著作)


[本書を読んで考えさせられた事項]
(当社にこのような方がいるから、というわけでは決してありませんが)部下を追い詰めるようなパワハラ上司でも、一応、仕事は出来るので、また、他に適任者がいないこともあり、配置転換等が出来ない場合、職場環境の改善に向けてどんな方法があるのかについて、個人的に関心があり、本書を取りました。

ただ、本書は、全般的には参考となる内容だったものの、上記の答えについては記載がなかったような気がしましたので、他書を当りたいと思います。

個人的に考えた方法としては、

社長等のTOPが問題のある上司に対して厳しく指導する。
(TOPが問題のある上司と認識出来ている前提)

社内的なパワハラ研修を充実させたり、360度評価を実施して、
問題のある上司に気付きを与える

位しか思いつきませんが、(これを言っちゃあおしまいですが)人は簡単には変わらない、とも言われますので、なかなか難しいですね。

こんな上司が con

・プロ法律家のクレーマー対応術(横山 雅文氏著作)

[本書で再認識させられた事項]

「お詫び(ご迷惑・お手数をお掛けしてすみません)」と「責任を認めることは」は別物。
クレーマーの溜飲を下げる為にも、まずはお詫びすべき。

本書を読了後、こんなウェブサイトを見つけました。

アンビシャス総合法律事務所
クレーム対応・リスクマネジメント対策室
弁護士に学ぶ!クレーム対応・応答集
モンスターペイシェント・モンスターペアレンツ・モンスタークレーマー等の悪質クレーム対応・医療過誤・学校事故等
https://www.akushitsuclaim.com/blank-8

仕事上、クレーム対応の経験が無いので、これまでクレーム対応術はちゃんと勉強したことが無いのですが、今年から、(紆余曲折があり)娘の通っている小学校のPTA本部役員になっ(てしまっ)たので、モンペア対応上、クレーム対応術も勉強していきたいと思います。。

------------------

意味のない弁解・言い逃れは、火に油を注ぐことになるのでしない。

クレーマーに限らず、上司からの厳しい指摘に対して、自己防衛反応上、
意味のない弁解・言い逃れをしてしまいたい衝動に駆られますが、
余計、面倒なことになりますので、気をつけたいものですね。

クレーマー con

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

社内法務関連の仕事で調べ物をしておりましたら、こちらのブログにたどり着きまして
他の記事も勉強になり興味深く読ませていただいております。
なかなか法務のお仕事をされている方が継続的につづけられているブログはないのでこれからも楽しみにしています!

コメントありがとうございます!

Ozekiさん

コメントありがとうございます。

気づいたら本ブログを開設後8年が経過しておりました。
年が経つのは早いものです。

今後とも更新し続けていきますので、
よろしくお願いします!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: