FC2ブログ

総務&法務担当の部屋     

現在、ある企業で法務担当として仕事に従事している者です。このブログは、特に法務に関する書籍や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP法務 ≫ 秘密保持契約書でたまに見かける「循環参照」あるある

秘密保持契約書でたまに見かける「循環参照」あるある

先日、取引先から提示された秘密保持契約書に、以下のような秘密情報の「開示者」、「受領者」の定義を定めた条項があり、心に留まりましたのでご紹介します。


本契約にて「開示者」とは、「秘密情報」を「受領者」に開示するものを意味する。
本契約にて「受領者」とは、「開示者」から「秘密情報」を受領するものを意味する。

※実際は上記内容を含む英文の秘密保持契約書を提示されましたが、
  私が特定されてしまうかもしれないので、日本語訳を記載しておきます。



非常に趣があるといいますが、読んでいてじわじわ来る条項ですね。

一向に「開示者」、「受領者」の定義が定まらない言い回しになっています。
一からドラフトしていると上記のような内容になってしまうこともあるかもしれないので、注意したいものですね。



上記の他にも、契約書をチェックして、循環参照といいますが、このままじゃダメな条項がなかったか考えたところ、以下のようなケースがありました。


第1条(目的)
本契約は、甲乙間で、非接触温度センサに関する秘密情報を交換するにあたり(以下「本目的」という)、甲乙間で相互に開示される秘密情報の秘密保持に関する取り扱いを定める。



上記は、自社の雛形秘密保持契約書のフォーマットに、営業担当が、「本目的」のブランク部分を赤文字のように追記したんだけど、これでいい?ということで、確認依頼の為に私に送付してきた秘密保持契約書の一こまです。

上記言い回しですと、「秘密情報を交換すること」自体が契約の目的となってしまい、「秘密情報の目的外の使用禁止条項」上、秘密情報を交換すること以外には、秘密情報を使用してはいけない、という、何とも、いとをかしな条項に仕上がっています。



営業担当が、「本目的」のブランク部分を追記したんだけど、これでいい?ということで、確認依頼の為に私に送付してきたシリーズでいうと、「本目的」の箇所に、これから取引の検討を行う製品名(例えば、非接触温度センサ)だけが記載されているケースは多々ありますね。もう少し考えて追記して下さいよといつも思います。

上記以外にも、たまに見かける可笑しな条項があれば、今後もご紹介していきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL