税効果会計は資産・負債のズレに着目して考えるべし。

今般は、図書館でたまたま見つけた「税効果会計のしくみ(第2版) (新日本有限責任監査法人 編集)」を読んでみました。

これまで、税効果会計の入門書を色々と読んできましたが、その蓄積があるからなのかもしれませんが、数ある税効果会計の入門書本の中で、(経理や財務部員ではないが、ビジネスパーソンとして「会計」は押さえておいたほうがいいよな、というモチベーションは一応あるものの、会計・税務知識はまだまだ初級レベルの)私としては、本書の内容が一番分かりやすい内容でした。

なお、本書のおかげで理解出来てよかったのは、これまで読んだ税効果会計の書籍にも解説はされてはいたものの、自分の中に入ってこなかっただけかと思いますが、税効果会計には「資産負債法」と「繰延法」があり、現行制度では原則、「資産負債法」が採用されているということです。

税効果会計に初めて触れた際に読んだ書籍の影響からか、

 「税効果会計」=「繰延法」

でこれまでずっと理解しており、税効果会計は、正しい会計上の数字を表す為、会計と税務の「収益・費用」と「益金・損金」のズレを調整する項目である、ということで考えておりました。

その為、税効果会計の書籍を読んでいても、例えば、貸倒引当金に対する税効果会計の適用であれば、上記考え方で理解可能であるものの、PLが動かない場合にも税効果会計を適用するケースでは説明がつかず、腑に落ちないものの、この場合はこのように処理するものなのだ、と自分に言い聞かせて処理していました。

しかし、今回、原則、

 「税効果会計」=「資産負債法」

という考え方を理解出来たので、税効果会計についての仕訳の根底にある意味の理解が進んで良かったです。

ただ、ゴルフの上達と同じで、

 理解出来た!
 才能が開花した!
 これで100が切れる!

と調子に乗っていると、

 実はそうでもなかった・・。
 しばらく練習をしないと「あの時のあの感覚」をすっかり忘れる・・。

という事態に陥りますので、今後とも、細かい仕訳や会計基準までは理解ないものの、決算書が読める程度の会計の基本的な考え方を身につけるべく、勉強を進めていきたいと思います。

なお、本書を読んだ後に見つけた、税効果会計の「資産負債法」が解説されたウェブサイト(Cloud簿記)が、上記理解をさらに深める上で参考になりましたので、個人的な備忘の為に、リンクを貼らさせて頂きます。
http://cloud-boki.jp/%e7%a8%8e%e5%8a%b9%e6%9e%9c/

潮騒が聞こえる某所にて
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: