書籍:瑕疵担保責任と債務不履行責任

私も法務担当のはしくれとして、瑕疵担保責任の法的性質には
「法定責任説」と「契約責任説」があり、「契約責任説」が現在の通説になっていることは
理解していましたが、最近の判例ではどちらを根拠に判断されているのか
までは理解しておらず、ずっともやもやとした状態でした。

そんな中、毎日拝読しているtacさんのブログ『企業法務マンサバイバル』で、
以前、表題の本が紹介されていてすぐ衝動買いをし、ずっと積読していましたが、
最近やっと読むことが出来ました。

本書では、どのような学術的議論を経て、「契約責任説」が現在のような通説的地位を
占めるにいたったのか、という推移に始まり、判例の解説はもちろん、ドイツ、フランス、
イギリスでは瑕疵担保責任がどう位置づけられているのか、そして日本でも効力が
発生したウィーン売買条約(「国際物品売買契約に関する国連条約」)ではどうなのか、
また、現行の民法改正議論が国際的動向を踏まえて「契約責任説」に向かっている流れが
解説されており、今の私の疑問と知的好奇心にピンポイントで答えてくれる
非常にお腹一杯な内容で大満足でした。

ちなみに、本書は、大学の卒業論文を書いたとき読んだ学術論文を彷彿とさせる
内容と書きぶりになっていますので、仕事で疲れた帰りの通勤電車でもさらっと頭に
入ってくるという類の本ではありません。
なので、行きの通勤時や休暇の時等、頭がまだクリアな状態でお読みになることを
オススメします(笑)

瑕疵担保責任と債務不履行責任瑕疵担保責任と債務不履行責任
(2009/08)
野澤 正充

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: