FC2ブログ

元総務&法務担当の部屋     

これまで、ある企業で約十数年間、法務担当(+α)として仕事に従事していた者です。最近、財務・経理部門に移動しました。このブログは、仕事に関する書籍を読んだ感想や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2019年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年11月
TOP法務 ≫ 契約交渉あるある(その1:そんな返しってある?)

契約交渉あるある(その1:そんな返しってある?)

先日、顧客(買主)から当社(売主)に提示された基本契約書の瑕疵担保期間が、要約すると以下の通り記載されていました。

原則:当社(売主)の納入後1年間
例外:当初の瑕疵担保期間経過後といえども、
    製品に瑕疵が発見された場合、当社は責任を負担

そこで、当社は顧客に対して以下の修正案を提示しました。

原則:当社(売主)の納入後1年間
例外:当初の瑕疵担保期間経過後といえども、
    製品に「売主の故意もしくは重大な過失に起因して
    発生した」瑕疵が発見された場合、当社は責任を負担

すると、「おたくは故意に不具合を当社(買主)に納入するつもりなんですか!」と購買担当の方からお叱りを受けてしまいました。

「いや、そこは察してくれよ」と思いましたが、丁重に修正案の趣旨を説明して何とか納得して貰いました。。。

上記のケースと同じような、違うような話ですが、取引先から提示されたNDAに、莫大な違約金の定めがあったので、削除依頼をしたところ、

「NDA通りに秘密保持をして貰えば違約金を支払う必要はないので、原文通りでお願いします。違約金条項の削除依頼をされるということは、秘密情報を漏洩するつもりがあるということですが!!」

と、某大手の外資系EMSメーカーからお叱りメールを受けたことがありました。

このNDAについては引き続き交渉中ですが(当社としては、NDAを締結しないことで実務に支障が無い限りは、NDAの締結をお蔵入りにする方針)、「そんな返しってある?」というような回答を受けることがたまにあるので、こんな時はどっと疲れが出ますね。

まだ「修正は一切受け付けない」とピシャリ言われた方が清清しいものです。

思い当たるフシがある方は、改めて頂ければ幸いです。
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL