仲裁の予測不可能性について

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今日は元日ということで、元日らしい記事を書きたいところですが、昨日、記事を書いている途中に、子供を寝かしつけていたら寝落ちしてしまいましたので、とりあえず、その記事を書き上げてUPしておきたいと思います。

今般、年末年始休暇の個人的な課題図書として図書館で借りてきた、中村達也氏著作の「国際取引紛争 仲裁・調停・交渉」という本を読み終わりました。

本書は、一つのストーリーを読み進める内に、特に仲裁の流れや概要について勉強することが出来るという体裁となっています。

なお、本書の内容はストーリーのみというわけではなく、ストーリーの合間合間で、各種手続等について一般論的な解説がされておりまして、私は、ストーリー部分は読み飛ばして、解説部分のみを読みましたので、本書のストーリー部分の巧妙さ加減は知りません(著者の方すみません・・)。

私は、以前、私の所属している会社を当事者とする仲裁(=日本商事仲裁協会の仲裁規則に基づいて、日本法を準拠法とした日本法人間の仲裁)に、法務担当者として関わったことがあります。

その際には、仲裁法に自分で当たることなく、今後の仲裁の流れについて不明点があれば、その都度、弁護士に確認しておりましたが、本書で仲裁法の定めについて勉強することが出来、「ああ、あの時はこの仲裁法の定めに基づいてああなっていたのか」と、良い復習の機会になって良かったです。

本書を読んでいて、仲裁法の中で個人的に心に留まったのが、仲裁法第25条2項です。


 仲裁法 第25条(当事者の平等待遇)
 1.仲裁手続においては、当事者は、平等に取り扱われなければならない。
 2.仲裁手続においては、当事者は、事案について説明する十分な機会が
   与えられなければならない。


以前の個人的な経験談なのですが、仲裁手続中に、仲裁人から以下のような指摘がありました。


 仲裁人:A社(=相手方当事者)の主張書面には○○と書いてありますけど、
      これは△△という趣旨で主張されているのでしょうか。

      このままの論拠だと仲裁人としては理解し難いのですが、
      △△ということであれば、まだ理解し易いのですが。
 A社代理人:ご指摘の通りでございます。
 仲裁人:分かりました。



というように、相手方当事者が気づいておらず、主張書面で主張すらしていない論拠を仲裁人が指摘してあげて、助け舟を出すシーンがありました。

また、上記仲裁廷で実施された証人尋問では、相手方代理人弁護士の反対尋問にて、想定の範囲内で鋭い指摘は無かったものの、その後の仲裁人からの質問の方が、当方にとって痛い指摘であったということも何度かありました。

仲裁の期日終了後、当方の代理人弁護士(=大手弁護士事務所)も、「しかし、あんなこと言うかね~。」と、仲裁人の相手側に立った発言に疑問を呈していました。当然、仲裁人が暴走し過ぎの時は、当方の代理人弁護士が、角が立たないように軌道修正してくれましたが。

守秘義務の関係で、具体的な話を何もお伝えすることが出来ずすみません・・。

ちなみに、本人訴訟の場合は、法律について素人である当事者に、裁判官が色々と助け舟を出すことがある、というのは聞いたことがありましたが、上記仲裁では、相手方当事者には中堅所の弁護士事務所が代理人としてついていました。

仲裁人としては、仲裁は上訴が無く一回こっきりですし、上記の仲裁法第25条2項に基づいて、双方で十分な主張をし尽くしたというようにしておかないと、後で敗訴側の当事者から仲裁人が色々と言われても困るから、一見すると、中立性を害しているのではないか、というような助け舟を出していたのかな、と思いました。

仲裁というのは、仲裁法と仲裁規則に基づいて実施されるとはいえ、裁判と比較して、仲裁人の個性がより強く出る手続きのようですので、仲裁手続き、仲裁判決は予測し難いというのも、仲裁のメリット・デメリットを考える際の考察対象に加えた方が良さそうですね。


<目次>
第1章 交渉(契約の締結;紛争の発生と国際化学の対応;紛争解決交渉)
第2章 調停(交渉後の国際化学の対応―調停の選択;
     調停手続の開始―調停申立てと調停人の選任;調停期日)
第3章 仲裁(交渉後の国際化学の対応―仲裁手続の準備;
     仲裁手続の開始;仲裁人の選任;審理手続―開始から
     仲裁権限に関する審問;文書提出命令、和解交渉、
     仲裁人の忌避;本案に関する審問から仲裁判断)

国際取引紛争―仲裁・調停・交渉国際取引紛争―仲裁・調停・交渉
(2012/03)
中村 達也

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: