書籍:小説で読む民事訴訟法

表題の本は、法律事務所でバイトする法学部の大学生(佐伯君)が、
色々な紛争と出会う内に、民事訴訟法のさまざまな概念を
身に付けていく、という小説です。

読者は、六法を持たずとも、この小説を読み進むに従って、
主人公の佐伯君と一緒に民事訴訟法の重要なテーマを勉強することが出来ます。

(私の想像では)若くてかわいい女性弁護士が登場して色々と丁寧に(佐伯君)に
教えてくれる所が、『女子大生会計士の事件簿』のコンセプトとと同じで男心をくすぐるのか、
法律書で読むと直ぐに眠気が襲ってくるだろう内容でも、最後まで一気に読ませてくれます。
難しい専門書に入る前の入門書としてオススメ一冊です。

なお、以前、会社の上司から「民事訴訟は激しい弁護士のやりとりはなく、ほとんど書類の
やり取りだけで終わるよ。」と聞いて「そんな感じなんだぁ。」と思いましたが、
本書にもそのような話が出てきましたので、以下に書き留めておこうと思います。

^^^(以下、抜粋)^^^^^^^

口論主義
陳述とは、代理人(又は本人)がなす訴訟行為の一つである。請求を基礎づける
主張などを裁判所で提出する行為だ。
原告が裁判を起こす場合、訴訟を裁判所に提出する必要がある。
「仁美先生。陳述しますって一言で済ますんですね。」
法廷の帰り道。裁判所の外に青空が広がっている。
「そうよ。陳述しますっていえば、訴状に書いてあることを全部法廷で
私がしゃべったと同じ効果が生じるの」
「民事訴訟は口頭主義が原則だって教科書に書いてありましたけど、
陳述って随分あっさりですね。」
「そうね。口頭弁論は、文字通り口頭主義が原則。本来の建前ではあるんだけど・・・」
口頭弁論とは、裁判官の前で当事者双方が関与した状態で、口頭で
弁論や証拠調べをする審理方式のことをいう。また、期日における訴訟行為の意味で
用いられることもある。
「実際は書面で済ましているのが実情ね。」
「もっと、ガンガン代理人がやり合うのかと思いましたよ。」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引き小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引き
(2008/03)
木山 泰嗣

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: