書籍:条文にない債権回収のはなし(2)

前回、『条文にない債権回収のはなし』という本を取り上げましたが、
もう一つ、書き留めておきたい回収テクニックがありましたので、
記事を書くことにしました。

^^^^(以下、抜粋)^^^^^^^^^
窃盗罪にならない商品引き上げ大研究

窃盗罪はどんな罪なのか、窃盗罪が処罰しようとしているのは、
一口でいうと、他人の「占有を奪う」行為である。
占有を奪うとは「相手の意思に反して占有を取得する」ことである。

(中略)

「商品を引き揚げます。いいですか?」という質問はすごく難しい質問だったのだ。
このように、倒産会社で承諾を得ようとこの質問を発すると、明確な拒否か、
拒否に傾いた返事にであう可能性が高い。
したがって、この質問をするのは賢明ではない。

反対されまい型-渡辺産業㈱につく。「松沢商事です。」といって、なかに入る。
当社の納入した商品の前で「これをいただいていきます」と
大きな声でいう。このさいの小さなノウ・ハウは、そこにたっている社員の
眼をみないことだ。

(中略)

こういうふうにやれば、後日警察が調査に乗り出しても、渡辺産業㈱側が
「黙認した」と認定せざるをえない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上記の通り、本書では、お堅い法律本には載っていない具体的な債権回収テクニックを
勉強することが出来ますので、本のコンセプトは非常に素晴らしいのですが、いかんせん、
出版されたのが6年も前の為、最近の判例や法改正にも対応しているのか、
常に不安を抱えながら読むことになります。

法律に精通した方であればその辺も取捨選択して読めると思いますが、
私のような「なんちゃって法務担当」の場合、今は有効ではない知識を身に付けてしまう
恐れがありますので、法律や会計の本はなるべく最近出たものを読む、また、
同じテーマの本を複数読むことで、そのリスクを最小化していきたいと思います。

条文にない債権回収のはなし条文にない債権回収のはなし
(2003/08)
古曳 正夫

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: