お聞きしたいことが○点あります。

最近、ふと思ったことがありましたので、備忘の為に書き留めておきたいと思います。

先日、当社、当社側のコンサル(Aさん)と取引先の社長(B社長)が、色々揉めている某案件について会議をした際のとこなのですが、Aさんが会議の冒頭で、

「当社側が確認したいことは全部で4点あります。
 1点目は、○○○○○について
 2点目は、○○○○○について
 3点目は、○○○○○について
 4点目は、○○○○○について
 です。」

と、B社長に質問を投げかけました。
B社長は3点目と4点目を回答したところ、Aさんが、

「1点目と2点目の質問についてまだ回答を頂いておりませんが」

と発言し、B社長の表情が凍りつき、場の雰囲気がより険悪ムードになるシーンがありました。

確認したい事項を事前にペーパーでB社長に配布していたならいざ知らず、話す側と聞く側の情報の差があることを考慮せずに、長々と自分が確認したい事項を話しといて、B社長がAさんの話す確認事項をメモしていないことも承知の上で、上記の発言をするのは、当社側のコンサルとはいえ、どうかと思いましたね。

「お聞きしたいことは○点あります」

という発言は、頭が良く見えると思うのか、コンサル系(弁護士を含む)の人が好んで使うような気がします。上記のような表現を使うなとは言いませんし、私も使う機会はありますが、もし使うなら、聞き手がちゃんと話について来ているか、よく状況を考えて使いたいものですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: