VOA Special English

前回の記事では、「英語を必要としていない方は英語を勉強しなくても
良いのではないか」、と非常に上から目線の記事を書いてしまいましたが、
今日は、英語をどうしても身に付けたい方に使える英語サイトを紹介したいと思います。

私が紹介するまでもない有名なサイトですが、アメリカ政府が運営している
ラジオ番組「The Voice of Ameria」です。
ラジオといっても現在はインターネットで放送されており、その中に
VOA Special English」という英語を母国語としない学習者向けのページがあるのですが、
経済、教育、健康、最新ニュースやアメリカで流行っている文化、音楽や歴史など、
アメリカの話題が中心ではありますが、さまざまなジャンルの記事が
日替わりで掲載されており、さらにその記事をプロのアナウンサーが読んだ
音声(MP3ファイル)が無料でダウンロード出来るという非常にすばらしいサイトなのです。
しかも、英語だけではなく45ヶ国語について同じようなサービスを無料で提供している所に、
アメリカの太っ腹さといいますか威信を感じます。

世間には英語のニュースを流しているラジオはたくさんありますが、その記事の音声と
スクリプトを無料でダウンロード、プリントアウト出来るものはなかなかありません。
「英語のシャワーを浴びよう」と良く言われますが、スクリプトで聞き取れない所を随時
確認せずに、とりあえず英語をたくさん聞き流していたとしても今の自分のレベルから
飛躍することは難しいと思います。

なお、VOA Special Englishの他のラジオに無い特徴として、以下のようなものがあります。
1.コアになる単語は1500語に制限されています。
2.短文が中心で難しい構文や難しい熟語は使用されていません。
3.ナチュラルスピードの約3分の2のスピードで音声が録音されています。

1500語に制限されているといっても記事の内容は非常に高度で興味深いものが
多く、よく1500語でここまで表現出来るなと記者の力量にはいつも驚かされます。
難しい単語を使わなくても難しい内容を表現する勉強にもなると思います。

また、ややスローなスピードで録音されていますので、「ナチュラルスピードは
早過ぎで1割も分からない」という方には入門編としてオススメしたいです。

ただ、私はこのスピードに十分着いて行ける様になった頃、逆に遅すぎてイライラするし、
このままこのスピードに慣れてしまうと、ナチュラルスピードには対応できなくなるなと思いました。
そんな時に「聞 々 ハヤえもん」というフリーソフトに出会いました。
このソフトがあれば、MP3を含む色々な音声ファイルのスピードを自分の好きなスピードに
変換することが出来ます。また、操作がシンプルなので誰にでも使用できます。
その為、約3分の2のスピードで録音されたVOA Special EngishのMP3ファイルを
ナチュラルなスピードに変換すれば、中~上級者にも十分使える教材に早変わりするわけです。
やや手間はかかりますが、上記の作業は全て無料なので一度は試してみてはいかがでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: