書籍:留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇

今般は、栄 陽子氏著作の「留学で人生を棒に振る日本人―“英語コンプレックス”が生み出す悲劇」という本を読んでみました。

著者は本書にて、留学をすれば英語がペラペラになる、英語さえ出来れば就職・転職に有利になるというマスコミや留学エージェントの甘い言葉に踊らされて、多くの費用と時間を投じて留学をした・させた結果、当初に期待した成果を得ることが出来ない人が多い、と指摘します。

著者は「留学カウンセラー」を自称しているくらいですので、「留学は全てダメ」と主張しているわけではなく、留学にあまり夢を見過ぎるな、インターネットでほとんどのことは自分で調べることが出来る現在において、留学する自分や留学させる自分の子供の大事な将来を留学エージェントに丸投げするな、留学では「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」ことが大事、と主張します。私は留学未経験者ですが、上記はその通りですね。

自分で留学の必要性を感じて留学する人であれば、目的意識がはっきりしているので実りの多い留学になるかと思いますが、自分の英語コンプレックスにより、子供の意思に関わらず子供をむりやり留学させたり、(留学とは異なりますが)インターナショナルスクールに放り込んだりすると、多くの費用と時間をドブに捨てるだけでなく、その後の人生にむしろマイナスに働きそうですね。

現在、私は自分が留学することは考えてはいませんが、自分の子供が、日本語能力がある程度完成される高校卒業あたりに、どうしても留学したいと希望した場合には、留学させてもいいなと考えています。その際には、本人が留学で何を達成したいのか、留学先でその目的を達成出来るのかを十分に確認・調査してから、留学させてあげたいと思います。

ちなみに、私は留学経験はありませんが、2008年のゴールデンウィークに、英語の勉強の為と、以前から興味のあった牧場での生活を体験しようと、カナダの田舎町に1週間ほどファームステイをしたことがあります。

当時、ファームステイに行くと上司や同僚に話したところ、「お前、もしかして病んでるのか?」とか「女性から動物に守備範囲を広げたのか」と言い出す輩もいましたが、結果的には、その後の英語の勉強に対するモチベーションを上げることが出来て良かったですね。

ただ、ファームステイはあくまで旅行・リフレッシュが目的であり、本当に英語の学習をしたい、という方にはお勧めしません。

私が滞在したホストファミリーは広大な農場を経営していて、クリスマスツリーになる「もみの木」を育てたり、酪農したり、広大な畑でカボチャを作ったりしており、私は、ラマや牛、色々な動物にエサをあげたり、耕耘機で畑を耕したり、けっこう大きいパワーショベルの運転方法を教えて貰って、「日本で運転免許を持っているから大丈夫だよ。じゃあ、後は頼むは。」と言われて、一人、裏山にある畑へ続く新しい道を開拓させてくれたりと、なかなか貴重な体験が出来て楽しい思い出が出来ました。

ただ、基本的には農作業の時間が多いので、英語を使う機会は、食事や移動中に世間話をする時、作業の指示を受ける時位で、プログラムにもよるかと思いますが、英語のレッスンの時間はもちろん無く、滞在中に生の英語に触れているトータル時間は少なかったですね。私の場合は、たまたま滞在期間中に開催された教会のチャリティーパーティーにホストファミリーと参加して、ローカルの人達と会話をするという貴重な時間はありましたが。

そういえば、ファームステイ最終日の夜に、薄暗いリビングの暖炉の前で、ホストファザーと交わした会話は今でも鮮明に覚えています。

(私):今後、英語を話す機会は徐々に増えてくると思うんですけど、流暢に話せないので不安ですね。
(ホ):なあ、○○(←私)よ。みんなはお前の流暢な英語を聞きたいわけではなく、お前が何を話すのかを聞きたいんだよ。だから、流暢に話せないからと言って萎縮するのではなく、相手の目をしっかり見て、たどたどしくても自分の考えを話せばいいんだよ。そうすれば相手に伝わるさ。

現時点でも上記の教え通りには出来ていませんが、あの時の話を忘れずに、英語の学習に頑張りたいと思います。

最後に、上記のファームステイは、某留学エージェントを介して航空券の手配やホストファミリーの手配をしましたが、今思えば、安くないエージェント代を支払わずとも、航空券は自分で手配出来ますし、ホストファミリーには自分でコンタクトすれば予約出来ますので、ファームステイ位であれば、エージェントは使わなくても良かったですね。

ご参考までに、私のホームステイ先のHPを以下に記載しておきます。

Aldor Acres(←ファームステイ先)
http://www.aldoracres.com/index.htm
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: