こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ(Case 4)

こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ(Case 4)

Case4 当社が提示した契約書のWordファイルに、相手方が修正箇所を
     記載して提示くる際、「修正箇所は赤文字で表示しています」というヤツ

今年初旬に始めたこのコーナー、久しぶりの第4回目は上記のパターンです。

Case4は、「修正箇所が相手方(=私)に分かりやすいように」という
先方の心遣いが感じられるので好感が持てるのですが、修正箇所に色がついている為、
PCで見る分にはまだいいものの、「校閲機能」や「下線」、「取り消し線」が
使われていない場合、カラープリントしないとペーパーでは修正箇所が分かりません。

このご時世、「カラープリントは極力使うな」というルールが私の所属会社で
周知徹底されているので、カラープリントした契約書を机の上に広げるわけにもいかず、
プリントアウトして契約チェックする際や(個人的には、PC画面上ではなく、一度、
プリントアウトしてペーパーでチェックしないと、チェックの精度が落ちるんです)、
相手方から提示された修正案を活用(コピー・ペースト)して、当社からの
回答書を作成する際に、自分で「下線」や「取り消し線」を付けていく作業が
必要となります。

ペラ1枚の契約書であればいいですが、数十枚の契約書に多数の修正依頼箇所があると、
地味に疲労が溜まってきます。

まぁ、「こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ(Case 1)」に比べたら、
そんなに手間ではないのですが、修正箇所に色を付けてくれる心の優しさが
あるのであれば、もうひと1、2クリックして頂いて、「下線」や「取り消し線」も
つけて頂けないでしょうか。

何卒、ご検討のお程、よろしくお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

ワードのマクロを使えば、赤の字に下線を引くなどは自動でできると思います。

コメントありがとうございました。

VBAさん

コメントありがとうございました。

マクロでそのようなことが出来るとは知りませんでした。
というよりも、恥ずかしながら、マクロについては
全くの無知なので、業務効率化の為、これを機に
勉強を進めたいと思います・・。

ご指摘ありがとうございました。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: