我輩は滑舌が悪い。いつから滑舌が悪かったのか、とんと見当がつかぬ。

私が新入社員の頃は、滑舌が悪いことも有り、電話に出るのがイヤでしたが、
考え方を変えたことにより、全く噛まなくなったとはいえませんが、
滑舌がある程度改善されました。

今年4月に入社した新入社員の中にも、私のように滑舌に悩んでいる方も
いると思いますので、その方法をお教えします。

といっても、画期的な方法ではなく、少しググれば出てくる方法かと思いますが、
「滑舌良くしゃべろう」と意識するのではなく、「お爺さんに対して話すように、
とにかくゆっくり話そう」と意識することです。

滑舌の悪い理由・原因は色々あるかと思いますが、私も含めて多くの場合は、
「実際に話すスピード」が「自分の話すスピード能力」に比べて早いことが
原因だと思います。

そして、滑舌が悪い人は、以下のような無限ループにはまることになります。

1.「滑舌良くしゃべろうと意識し、緊張する。」
      ↓
2.「必然的に早口になり、噛む。」
      ↓
3.「上司や同僚に滑舌の悪さを指摘もしくは笑われ、嫌な気分になる。 」
      ↓
3.「さらに滑舌を良くしようと意識して緊張するあまり、噛む。」
      ↓
4.上記1に戻る。

そこで、「すらすら」と話そうと意識するのではなく、とにかく「ゆっくり」
話そうと意識することで、へんな緊張をすることも無くなり、比較的滑らかに
話せるようになるでしょう。

また、電話のような突発的な対応を求められる場面ではなく、予め、
自分が話すことが予定されている場合、例えば、私が所属している会社のように、
毎日の朝礼にて、担当者日替わりで、多数の前でスピーチ(自分の近況とか何でもOK)
せざるを得なかったり、客先への一方通行なプレゼンとか、先日の私の様に、
研修の講師のような役割を果たさなければならない場合は、上記の意識転換の他、
入念に準備・練習をしてから臨むことで、緊張が少なくなり、滑舌も比較的良好な
状態を保つことが出来ます。あくまで比較的ではありますが・・orz

また、「一つ笑いを取ってやろう」位の心持で臨めば、より緊張もほぐれ、
自信を持って対応出来ます。

なお、一度、自分の話すスピードが早いかどうかを判断する為に、スマートフォンの
レコーダー機能等を使って、自分の会話を録音し、チェックしてみてもよいでしょう。

後は、場数を踏んで、人前で話すことになれるしかないですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: