FC2ブログ

総務&法務担当の部屋     

現在、ある企業で法務担当として仕事に従事している者です。このブログは、特に法務に関する書籍や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP会計 ≫ 書籍:財務3表一体分析法

書籍:財務3表一体分析法

以前、このブログでも取り上げさせて頂いた「財務3表一体理解法」の続編にあたる
「財務3表一体分析法」をずっと積読(死語でしょうか・・)していましたが、
今週末にふと思い立って読んでみました。

個人的には、「財務3表一体理解法」ほど「目から鱗」度は高くはなく、
PLやBSを数字ではなく独自の図形(グラフ)にして理解・比較する、という手法は、
かえって他社や同じ会社の他年度との比較がし辛いのではないかと思いました。
ただ、第3章の色々な同業他社の財務諸表の比較を通して、分析のポイントを
紹介してくれる箇所は読み物して楽しく読むことが出来ました。

そういえば、私は会計の基礎知識を身に付ける為に、今度の簿記2級を受験することにしました。
今日は本屋で、「日商簿記受験生のための電卓操作完ぺき自習帳」という
電卓操作の参考書を見つけ、アマゾンでの評価も高かったので買ってみました。
これまで、電卓を買っても取扱説明書なんて直ぐにゴミ箱行きで、
恥ずかしながら「加減乗除」位しか機能を使いこなせていませんでしたが、
本書に書かれている通りのテクニックを使えば、時間との戦いといわれている
簿記の試験で相当な時間短縮が出来るのではないかと思います。
試験までには左手でブラインドタッチが出来るようになりたいものです。

なお、私は商社の総務の仕事に従事ていて工業簿記とは直接関わりがなく、
モチベーションを維持するのは若干大変だとは思いますが、合格者の知人曰く、
仕組みが分かればパズルみたいで面白い分野なそうなので、1発合格を
目指して頑張りたいと思います。

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44)
(2007/05/11)
國貞 克則

商品詳細を見る


財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)
(2009/05/13)
國貞 克則

商品詳細を見る


日商簿記受験生のための電卓操作完ぺき自習帳―これで楽勝合格 総得点20点アップのトラの巻 (とりい書房の負けてたまるかシリーズ)日商簿記受験生のための電卓操作完ぺき自習帳―これで楽勝合格 総得点20点アップのトラの巻 (とりい書房の負けてたまるかシリーズ)
(2007/11/06)
堀川 洋

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL