FC2ブログ

元総務&法務担当の部屋     

これまで、ある企業で約十数年間、法務担当(+α)として仕事に従事していた者です。最近、財務・経理部門に移動しました。このブログは、仕事に関する書籍を読んだ感想や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP法務 ≫ こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ(Case 1)

こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ(Case 1)

今般は、これまでの契約審査の経験上、自社の雛形契約書を提示した後に、
相手方からこんな契約書修正案の提示の仕方をされて嫌だったなぁ、
という方法を、不定期に、複数回に亘り書いていきたいと思います。

ほぼ、私の愚痴を吐露する場となりそうですが、これを反面教師として、
双方で効率と気持ちの良い契約交渉をしていきたいものです。

Case 1 契約書の修正履歴も付けずに、相手方の要望事項を全て反映させた
    契約書修正案のファイルを提示してくるヤツ

相手方から契約書の提示を受けて、内容を確認した結果、
修正が必要な箇所を発見した場合、相手方に当該内容を伝えることに
なるわけですが、普通は、相手方から提示されたのがワードファイルであれば、
「校閲」機能を使って、自社の要望事項を修正履歴を付けて明示して
提示するか、もしくは、自社の要望事項を記載した別紙書面を
相手方に提示するか、はたまた、条文修正に関する覚書案を作成して
相手方に提示するのが一般的かと思います。

しかし、先日、契約書の修正履歴も付けずに、相手方の要望事項を
全て反映させた契約書修正案のファイル(しかもPDF)をいきなり
提示してきた取引先がありました。

当然、こちらはどこが修正されたのかを一条一条チェックしなければならず、
非常に無駄な時間を費やしてしまいました。

契約書の審査時点で、上記のような面倒な作業を強いられたことは、
私は、直接の交渉窓口である営業担当者には伝えませんし、
おそらく他社の契約審査担当も同様かと思いますので、上記取引先では、
上記の悪しき修正案の提示方法について、取引先から改善を指摘される機会は
無かったのかもしれません。

また、取引先に指摘されないまでもなく、自分で「この提示方法では
相手に余計な作業を強いてしまうのではないか」という想像をすることが
出来ない、想像力が欠如された審査担当が相手だったのかもしれませんが、
少しは相手の立場のことを考えて仕事をしろや(゚Д゚) ゴルァ!

以上、愚痴でした。

To be continued...
関連記事
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

僕もやってみよう...。
総務&法務担当の部屋、さんでの「こんな契約書修正案の提示の仕方をされたら嫌だ」シリーズが面白いというか、「あるある」と思うのと同時に、挙げられている事例について「あ、それやったことある」とかあったりするので、いくつか気づいた範囲で便乗コメントを。なお、...
2012年01月25日(Wed) 21:00