新書:仕事をしたつもり

今般は、最近、本屋で平積みされていることの多い、海老原 嗣生氏著作の
「仕事をしたつもり」という新書を読んでみました。

本書は、多数の事例を挙げて、「しごとをしたつもり」な状態を、「量の神話」、
「ハコモノ志向」、「本末転倒」、「横並び意識」、「過剰サービス」に分類して
解説しています。

例えば、当初は、営業成績を上げる目的の為に顧客訪問回数を増やす方法を
採っていた人が、いつの間にか、効率を考えず、顧客訪問回数を増やすことが
目的化してしまい、すごく頑張っているけど報われない状況に陥るようなケースを
「量の神話」としています。

「量の神話」は、「考えることから逃げ(質を考えずに)」、「安易に走り
(量だけにこだわり)」、「でも傍目にはその行為が賞賛される」という状況が、
根底にあるとしています。

他の分類事項についても言えることですが、「仕事をしたつもり」な人は、
良く考えて仕事をすることを放棄し、手段と目的を履き違えている人であると
言えるでしょう。

なお、以前、「御社の営業がダメな理由」という本に関する記事でも同じようなことを
書きましたが、営業成績という評価数字が明確に出て、「仕事をしたつもり」だったことが
後々客観的に分かる営業担当と比較して、アウトプットの評点を数字化出来ない間接スタッフは、
この「仕事をしたつもり」な状況に陥り、また、なかなか自分では気づかずに抜け出せない
ケースも多いかと思います。

常に目的意識を持って活動している人には本書は不要ですが、自分は頑張っているのに
なかなか報われないと感じている人は、サラッと読める内容・文体ですので、
本書を読んで、自分の仕事に対する姿勢・考え方に原因が無いかを見つめ直しては
いかがでしょうか(=自戒も含む)。

<目次>
第1章 何十枚も資料を作って、それで仕事をしたつもり?
    ―「量の神話」を突き崩せ
第2章 流行のビジネスモデルを学んで、それで仕事をしたつもり?
    ―中身より形にこだわる「ハコモノ志向」
第3章 みんなで一緒に考えて、それで仕事をしたつもり?
    ―大義が引き起こす「本末転倒」
第4章 業界トップの真似をして、それで仕事をしたつもり?
    ―過去の自分までもが加担する「横並び意識」
第5章 「お客様は神様です」とへりくだって、それで仕事をしたつもり?
    ―商売の原則を無視した「過剰サービス」
第6章 新しいことにチャレンジしないで、それで仕事をしたつもり?
    ―「安全策」や「奇策」に逃げるな
終章 「仕事をしたつもり」からの抜け出し方

仕事をしたつもり (星海社新書)仕事をしたつもり (星海社新書)
(2011/09/22)
海老原 嗣生

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: