30歳からの語学留学について

これまで色々な英語学習本・雑誌を読んできましたが、「英語学習に留学は不要」という
言葉にたくさん出くわし、一旦は納得して英語の勉強をコツコツ進めようと
モチベーションをUPさせるものの、ふと、仕事等で自分の英語力のなさを痛感する度に、
「やっぱり留学して一定期間、英語漬けになる時期が無いとダメなのかなぁ」と、
留学コンプレックスを感じることがあります。

今、私が20歳そこそこの学生であれば、夏休みや休学制度でも利用し、
留学費用は親にオネダリするなり、バイトで貯金をする等して、なんの躊躇もなく
留学に飛び出していく事が出来ますが、今や私も30歳となり、いろいろと制約やら
守るべきものが出てきました。

そこで、一旦、今の私にとって留学は必要なのかどうかを整理することで、今後、
留学コンプレックスや、モヤモヤっとした感じが生じないようにしたい、
ということで、以下に考えをまとめてみました。

皆様にとっては、「そんなことチラシの裏にでも書いておけば」という内容ですので、
どうぞスルーしてください(笑)

<前提条件>
年  齢:30歳
職場環境:今の会社は勤続約5年で、職場の人間関係はすこぶる良好。
仕事内容:中規模の上場会社で一人法務状態なので、大企業の一担当では出来ないで
あろう割りと大きな案件にも深く携わることが出来、自主性を持って
仕事をやらせて貰えるので満足しているものの、全体業務の内、約8割を
占める契約審査業務にややマンネリを感じている。
家族構成:妻、1歳の長女
そ の 他:将来は海外で生活・仕事をしたい、という強い願望は特に無し。
留学形態:一口に「留学」と言っても、語学留学、大学・大学院留学、ワーキングホリデー等、
色々な留学の形態がありますが、私は、海外でしか学べないことを留学して
勉強しよう、という気持ちは特に無く、あくまで「英語の上達の為の留学」を
考えていますので、以後の検討対象は「語学留学」にします。


<メリット>
1.英語漬けの毎日を送れるため為、英語が上達する

  特に親に進められて語学留学に行く場合、もしくは日本人が多い語学学校に
  行く場合、日本人だけでつるんでしまって、 英語が全く上達しない、
  という人が多数いるようです。
  もし私が今から行くのであれば、全く日本人を拒絶することはないにしても、極力、
  海外の人と触れ合うようにするつもりですので、語学留学をしても英語がなかなか
  上達しないことは想定しません。

2.異文化交流を通して自分の考え方が多様化し、仕事等にも活かせる。

<デメリット>
1.高額の費用
  図書館で借りた「留学ジャーナル」と言う雑誌の「留学にかかるお金大特集」によりますと、
  語学留学をした場合、滞在地にもよりますが、以下の費用が掛かるようです。

  ※上記の雑誌を借りたことが奥さんに見つかり、私と娘を置いていくのかと
   小一時間ほど問い詰められました(笑)

 【トータル費用(授業料、滞在費、保険料、交通費、教材費等の諸費用込)】
 (1)3ヶ月 :70万円 ~120万円
 (2)6ヶ月 :140万円~430万円
 (3)12ヶ月:270万円~430万円

  まー、お金は今手元になくても、ローンを組むなり、親から借りる(ちゃんと返します)
  なりして、いくらでも調達する方法はありますし、個人的にはそれ程デメリットとは
  思いません。但し、上記の費用対効果は未知数ですが。

2.今の職場を辞めないといけない

  どうせ語学留学に行くなら、少なくとも1年は海外に滞在したいところですが、
  そんな長期間の休みをくれるほど世の中甘く無いので、今の職場を辞めないと
  いけなくなります。しかし、今の職場は居心地がいいし、まだまだ今の職場で
  勉強出来ることはたくさんりますので、辞めなければいけないのはかなり痛いですね。

  ちなみに、上記の「留学ジャーナル」に記載されている体験談によりますと、
  Aさんは、会社に3ヶ月の休暇を何とかお願いして貰って、おそらく費用は
  自費ではあるものの、会社に籍をおいたまま語学留学した人が紹介されていましたが、
  私は、会社がそこまで譲歩しても「手放しがたい」人材ではありませんので、とても
  そんなお願いできないですね(笑)

3.語学留学後の再就職が困難

  楽しい時間には必ず終わりがくるもので、語学留学後は再就職する必要があります。

  もし今後のキャリアを法務担当として決定している場合、帰国時点でそこそこの
  実務経験があり、海外では法科大学院や大学で法律の勉強をしてきました、
  ということであれば、新しい働き口は比較的見つけやすいと思います。
  しかし、語学留学の場合、当該期間は履歴書上のブランク期間と見なされてしまう様で、
  おそらく、今の職場と同等レベルの会社に再就職することは難しいでしょう。

<備考>
私には、奥さんと娘が一人いますので、語学留学に連れていくのか、語学留学の
期間(無職期間)の生活費はどうするのか、という問題があります。
しかし、まあ、お金の問題は何とでもなりますし、妻子の存在によって
留学をしたくても出来ない、というの考えは妻子に申しわけないので、
今回の検討においては、妻子の有無は考慮しないことにします。

<結論>
上記のメリット、デメリット、備考を検討した結果、私の様な前提条件の人は、
語学留学なせずに日本で英語の勉強をしてればー、ということになりました。

なお、私の所属している会社は、海外にも製品を販売している商社なものの、
英語が公用語ではないですし、仕事で英語を必要とするのは、1ヶ月間に3回位の
頻度で英文契約書をチェックする時位しかないこともあり、まだまだ英語学習に対する
真剣度が足りないとも感じています。

ということで、今後はもっと英語と触れる時間を増やして、日本に居ながらにして、
英語に不自由しないようになりたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: