コスト削減の波に打ち勝つ!法務部「業務改善」プロジェクト(ビジネス法務12月号)

今般は、ビジネス法務12月号(今月号)に心に留まった興味深い記事が
記載されていましたので、備忘の為に書き留めておこうと思います。

今月号には、『コスト削減の波に打ち勝つ!法務部「業務改善」プロジェクト』
という特集が組まれていまして、その特集には下記(1)~(4)の記事が掲載されていました。

(1)激増する契約書チェックの合理化手法
(2)法務の仕事を数値化せよ!
(3)予算獲得のための報告書モデル
(4)iPhoneアプリ“Dictamus”で業務効率化
(5)機能する次世代「法務部長」の役割とは

その中でも、(1)激増する契約書チェックの合理化手法 では、

ア 契約締結の目的や懸念事項の明確化と情報共有
イ 契約条項の検討は、最も大きなリスク(目安として一つの契約書で3つ程度)の防止を
  中心にすること
ウ 契約書や契約条項の定型化
エ チェックした契約書については、契約条項のチェックポイントと判断基準を
  データベース化して周知すること

の4つが挙げられており、上記「エ」については、私も前々から取り組みたいなぁと
考えてはいるものの、なかなか手を出せない方法であります。

上記「エ」の目的としては、

^^(以下、本書抜粋)^^^^^^^^^^^^^^

法務部のチェックを経て締結された契約については、懸念事項・問題といった
条項・懸念事項に対する法務部の意見等が明らかになっているはずであり、
これを担当者レベルの知見から組織的な知見へと昇華させることにより、
将来的に同じ類型の契約書に組織的な知見を反映させることが可能となる。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ことにあります。

ただ、私の所属している会社の場合、法務部がなくて私の「一人法務」状態で、
さらに、営業担当者が取引先から契約書を提示された場合、とりあえず法務担当(私)に
丸投げする社風でして・・、当社で一から契約書のドラフトを作成する必要がある場合にも、
「私(営業担当者)が契約書案を作ってみたんですけど、加筆・修正が必要な個所は
ないかチェックして頂けないでしょうか!」という、素敵な提案は少数派で、
営業担当者に契約書作成の目的を簡単に箇条書きにして貰い、私がドラフトを作成する
パターンがほとんどです。

こんな状態で、契約条項のチェックポイントと判断基準をデータベース化して社内開示しても、
誰も見ない「宝の持ち腐れ」で終わる状態が容易に想像されます。
また、データベース化した情報が外部に漏洩するリスクも考えますと、
当社にこの手法を導入するのはまだまだ時期尚早という感じですが、
「原則、事業部・部門・子会社毎に契約書をチェック・決裁する体制があり、
難しい、もしくは特定の条件については法務部に相談する体制がある会社」の法務の方は、
この方法の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、(5)機能する次世代「法務部長」の役割とは では、

^^(以下、本書抜粋)^^^^^^^^^^^^^^

契約書の作成業務の落とし穴は、①必ずしも複雑な法律知識が要求されるとは
限らず、②論点の整理はまだしも、言葉("てにをは”)のチェックになり易く、
③それにより、広い視点からのリスクコントロールのマインドが欠ける傾向にある、
の三点である。契約書作成は、重要な一部の仕事ではなるが、法務担当とする部員の実務経験が、
表層的な契約書のチェックに終始してしまうと、高度な「予防法務」や「戦略法務」の実践は難しい。

^^^^^^^^^^^^^^^^

ということで、部下の法務担当がこの落とし穴にはまらないように、
チェック・指導していくことが法務部長の役割の一つと挙げています。

上記はまさにその通りであり、私も心に留めて契約書チェックをしたいと思いますが、
もう一つ付け加えるとすれば、せっかくリスクの回避の為に契約書の修正案を作成していても、
その修正の明確な意図や理由を営業担当者が理解出来るように説明出来ないと、
「法務に話を持って行くと、つまらないことを言ってビジネスをつぶされる」と
煙たがれますし、正確な当社の考えが交渉の相手側に伝わらず、
交渉が上手く進まないことも想定されます。

なので、月並みではありますが、チェックの質を向上する様、努める一方で、
社内向けの説明の仕方にも十分気を配って契約書審査業務に従事したい所です。

ビジネス法務 2010年 12月号 [雑誌]ビジネス法務 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/10/21)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: