学習ツール「メモリボ」について

今般は、つい最近購入した学習ツール「メモリボ」をご紹介します。

「メモリボ」は、文具メーカーのコクヨが販売している電子暗記カードです。
手のひらサイズの長方形の紙に、表面に「問題」、裏面に「答え」を書いて、
ペラペラ手でめくって単語等を覚えた経験のある方も多いと思いますが、
あれが電子化されたものです。

「メモリボ」の最大のメリットといえば、紙の暗記カードに比べて
かさばらないということで、「メモリボ ダブル」であれば、
50グラム程の本体に、2,000枚の暗記カードを保存できます。

なお、基本は自分で「問題」と「答え」をパソコンで打ち込んでいくのですが、
専用のソフトを購入すれば、英単語だけでなく、漢字検定や色々な資格の
暗記カード情報を一括で「メモリボ」本体に保存することも出来ます。

「メモリボ」には以下の三機種があります。
(1)一番当初に発売された「メモリボ」、
(2)(1)より表示画面が大きくなる等改良された「メモリボ ダブル」、
(3)液晶画面になり、音声機能もついた「メモリボ リスニー」

ちなみに、私は上記(2)の「メモリボ ダブル」を購入しまして、
液晶画面ではないので暗い電車の中で見づらく、値段の割に本体が玩具みたいで
安っぽいというデメリットを除けば、なかなか使えるツールではないかと思っています。

しかし、電子暗記カード市場はどうやらコクヨが独占しているようで、
需要と供給のバランスから、本体価格が高止まりしています。
例えば私のようにアマゾンで購入した場合、「メモリボ ダブル」であれば
約6,000円、「メモリボ リスニー」にいたっては約13,000円もします。
「メモリボ リスニー」には色々な機能が付いているとはいえ、基本的には
暗記カード以外の用途には使えそうもない物にこれだけの価格が付くのは
高過ぎの感がありますが、興味のある方は、学習の効果と費用をよく考えて、
大型電気店等であればお店にデモ機を置いている店もありますので、
手にとって良く確かめてから購入を検討されてはいかがでしょうか。

ちなみに、「i phone」には、電子暗記カードのアプリがあるようですので、
詳細が知りたい方はググってみてください・・。

最後に、「メモリボ」の活用法なるHPを見つけましたので、
ご参考までにリンクしておきます。

HP:http://memoribo.syuriken.jp/index.html


KOKUYO 電子単語カード memoribo W (メモリボ ダブル) NS-DA2DMKOKUYO 電子単語カード memoribo W (メモリボ ダブル) NS-DA2DM
(2006/11/20)
コクヨ

商品詳細を見る


コクヨS&T 電子暗記カード <メモリボ リスニー>シャドウブラック NS-DA4DコクヨS&T 電子暗記カード <メモリボ リスニー>シャドウブラック NS-DA4D
(2009/04/10)
コクヨ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ、こんなグッズがあるとは知らなかったです。
iphoneだと、つい最近しったのですが「i暗記」というのが
メジャーっぽいです。

コメントありがとうございます!

私はiphoneユーザーではないので選択肢に無かったですが、
「i暗記」はメモリボに比べて色々な機能も付いてて
使いやすそうですね。電池を買う必要もないですし。
「i暗記」の出現でメモリボの価格もお手頃な所まで
徐々に下がってくることでしょう。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: