下請法の立ち入り検査先に選ばれました・・(3)

前々回の記事と同様、「下請取引適正化推進講習会テキスト」で、
個人的に心に留まった個所を備忘録として以下に記載しておこうと思います。
なお、上記テキストは、中小企業庁の下記HP上で無料配布されています。

HP:http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/index.html

^^(以下、本テキスト抜粋)^^^^

【返品の禁止についてのQ&A】
Q77 :瑕疵担保に関する取決めと下請法とはどちらが優先されるか。
A :親事業者と下請事業者間で、瑕疵担保に関する取り決めを行う場合があるが、
   運用基準第4の4(2)(139ページ参照)及び同8(3)エ(142ページ参照)に
   該当する場合には、それが当事者間の取決めよりも優先されるので、
   実際の取引において下請法違反を生じないように注意する必要がある。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということで、隠れた瑕疵が発見された場合、
(1)「下請法に関する運用基準4」により、原則、納入後6ヶ月間以内
   (一般消費者との契約で保証期間を6カ月超定めている場合は、最長1年間)であれば、
   商品の返品(契約の解除)が可能であり、
(2)「下請法に関する運用基準8」により、親事業者と親事業者の顧客が契約で定めた
   保証期間を上限として、親事業者と下請事業者が契約で定めた保証期間内であれば、
   上記(1)の原則6ヶ月間に拘わらず、やり直しをさせることができることとなります。

「返品(契約の解除)」と「やり直し」では、期間の規制が異なる点は留意する必要があります。

なお、隠れた瑕疵があった場合の損害賠償請求権の行使については、
下請法の対象外ですので、上記の運用基準に縛られずに、保証期間を設定することができます。
もちろん当然のことながら、「保証期間は納入後1,000年」なんて期間を設定すれば、
別の法的根拠(公序良俗に反するとか、優越的地位の乱用とか何とか)に基づいて、
当該期間の定めが無効になる可能性があるのはいうまでもありません。

なので、下請法を考慮して瑕疵担保条項を定めるとすれば、
単純に「瑕疵担保期間は6ヶ月間とする」という文言ではなく、
「買主は、製品に隠れた瑕疵を発見した場合、(1)返品の要求は納入後1年間、
 (2)やり直しの要求は納入後5年間(※同期間を自社の顧客との契約で定めていることが前提)、
 (3)損害賠償請求権の行使は納入後10年間を上限として、売主に対し行うことができる。」
という場合分けの条文を定めることがベストということになります。

とはいえ、こんな条件は下請事業者にあっさり拒否されて終わりだと思いますが・・・。

^^(以下、下請法に関する運用基準 4返品(2))^^^^^^

(冒頭部分は記載を省略)

 なお、次のような場合には委託内容と異なること又は瑕疵等があることを理由として
下請事業者にその給付に係るものを引き取らせることは認められない。

((ア)~(ウ)の記載を省略)

エ委託内容と異なること又は瑕疵等のあることを直ちに発見することができない給付について、
受領後六か月(下請事業者の給付を使用した親事業者の製品について一般消費者に対し六か月を
超える保証期間を定めている場合においては、それに応じて最長一年)を経過した場合

^^^^^^^^

^^(以下、下請法に関する運用基準 8不当な給付内容の変更及び不当なやり直し^^

(冒頭部分は記載を省略)

なお、次の場合には、親事業者が費用の全額を負担することなく、下請事業者の給付の内容が
委託内容と異なること又は瑕疵等があることを理由として給付内容の変更又はやり直しを
要請することは認められない。

((ア)~(ウ)の記載を省略)

エ委託内容と異なること又は瑕疵等のあることを直ちに発見することができない給付について、
受領後一年を経過した場合(ただし、親事業者の瑕疵担保期間が一年を超える場合において、
親事業者と下請事業者がそれに応じた瑕疵担保期間を定めている場合を除く。)

^^^^^^^^
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: