インターネット社会が不動産仲介業界に与える影響について

私事で恐縮ですが、この度、手狭になった為に、広い家へ転居しました。
その際に、いくつかの不動産サイトを利用しました。

ご存知の方もいるかと思いますが、大概の不動産仲介会社は、不動産流通機構
(通称:レインズ「Real Estate Information Network System」の頭文字の略です。)に
登録しており、購入先、入居者を探して欲しいと顧客から依頼された場合は、
その物件情報をこのレインズ上で公開して、自社だけでなく、他の仲介会社にも
購入先、入居者を探して貰えるように広く周知することが出来ます。

なお、不動産会社が売買、賃貸の仲介を行う場合は、宅地建物取引業法上、必ず依頼主と
媒介契約を締結する必要がありますが、媒介契約には大きく分けて下記の三種類があります。

※この三種類の契約にはそれぞれメリット、デメリットがありますが、ここでは割愛します。

1.一般媒介契約  :複数の仲介業者に重ねて依頼することができる。
2.専任媒介契約  :媒介契約した一社にしか依頼出来ない。
3.専属選任媒介契約:媒介契約した一社にしか依頼出来ない。
           また、専任媒介と異なり、自分で発見した相手先と直に売買、賃貸出来ない。

なお、専任契約、専属選任契約の場合は、媒介契約後、所定の期間内にレインズ上に物件情報を
公開する義務が生じますが、一般媒介契約の場合はその義務はありません。

その為、例えば、売買仲介会社であれば、売主からも買主からも仲介手数料をダブルで
受領したいので、レインズに情報開示する義務の無い一般媒介契約を締結して、
外部に情報を公開せずに自社内で情報を抱えているケースもあります。
但し、なかなか買主、借主を自社の力だけでは探せない場合は、泣く泣くレインズに
情報を開示することになります。
依頼した顧客にとっては何のメリットも無い、いい迷惑ですが、良くあることです。

ということで、扱いがセンシティブな為に外部への情報開示が出来ない任意売却物件等を除きますと、
基本的には、不動産会社は、物件情報を全て共有化しているわけです。

A仲介会社でいくつか物件の図面を見せて貰い、気に入る物件が無かったので、
B仲介会社に行ってみたら、A社とほとんど同じ物件を紹介された、ということになるのはこの為です。

また、現在のインターネット社会では、売却物件、賃貸物件を抱えた仲介会社は、
自社のHPだけでなく、例えば「at home」や「Yahoo!不動産」、「HOME’S」等の不動産サイトに
物件を掲載して買主、借主を探します。
その為、レインズに掲載されている物件情報は、あくまでレインズに登録料を支払った会社しか
見れませんが、実質、レインズで開示されている物件情報と同じ情報が、一般の方も
インターネットの不動産サイトを介して無料で見れる状態になっているわけです。

なので、これから不動産を探す場合は、とりあえず複数の不動産会社を訪問して一から
相談してみよう、というスタンスではなく、あくまで不動産サイトでめぼしい物件を
見つけてから不動産会社に連絡するというスタンスで問題ありません。

しかし、現代の不動産仲介営業担当は大変ですね。
不動産の買い方、借り方といった情報はインターネット上に溢れていますので、
下手な営業担当者以上に、一般の顧客が不動産に関する知識を持っているケースも増えてきました。
ややもすると、営業担当者は単なる物件の案内係か、鍵の手配係と化しているケースも多々あります。

なので、自社で売りたい・貸したいという顧客を自力でゲット出来ない仲介業者は、
これまで、ふらっと不動産会社に立ち寄ってくれた購入希望者、借主候補者からの
仲介手数料収入が減少する為、ジリ貧になって自然と淘汰されていくことになるでしょう。

以前、前職(不動産売買仲介業務)の私の上司が、
「この仕事では、売り物件の情報を入手するのがメインの仕事であり、その後の売却活動は
あくまで作業でしかない」
と言っていたことの意味を、今回の転居で改めて考えさせられました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: