書籍:税効果会計入門

今般は、「ポイント図解式会計 税効果会計入門」という本を読んでみました。

ちなみに、会計については、これからのビジネスマンには必須の知識と言われていることもあり、
また、個人的に興味を持てる分野でもあるので、これまで色々な会計本を読んできました。
ただ、「税効果会計」については、一般的な会計本を読むと一旦分かった気にはなるのですが、
しばらく経つとそれほど理解出来ておらず、この状態で仮に、若手美人女性部下から以下のような質問があった場合、

Aさん:「○○(私)さ~ん、税効果会計について教えて貰えませんか~?」
私  :「いいよ。それはね、税務と会計のヅレを調整するものだよ。」
Aさん:「詳しくはどういうことなんですか~?」
私  :「・・・・。経理部の人に確認してみてね」

という事になりかねないので、これはまずいということで、税効果会計について
フォーカスした本でしっかり理解してしまおうということで本書を手に取りました(笑)

本書は、税効果会計の導入経緯や、法人税の仕組みに始まり、オールカラーの図解で
分かりやすく基本編→応用編とみっちり解説してくれますので、一般的な会計本では
税効果会計についてさらっと1ページ位で説明されていて消化不良だなぁと感じている方には、
一読をオススメします。
但し、「~入門」という割には細かいテーマにも触れており、私の様に実務で関わっていない方ですと、
詳しい処理方法等についてはいまいちピンと来ず、まだ完全に頭に落ちていない箇所も
たくさんありますので、これから何度も読んで理解を進めたいと思います。

さて、本書でラインマーカーを引いた箇所はたくさんありますが、今回は
その一つを備忘の為に以下に書き留めておこうと思います。

^^^^(以下、本書抜粋)^^^^^

Section26 「在庫の有税評価減」と税効果
滞留在庫の評価減は「有税」になる

会計と税務の違いはここ
棚卸資産の評価減について、法人税法ではかなり細かい規定を置いています。
しかし、過剰生産の場合には一切評価減を認めていません。
一方、会計上はこのような「過剰生産」の場合であっても、結果として販売実績が
上がっていない場合には「評価損」の計上が求められます。
そこで「会計」と「税務」の違いが出てくるわけで、「税効果会計」を適用する余地が生まれてきます。

(中略)

「決算期末一掃セール」や「クリアランスセール」など、いずれも期末直前に行うことで、
滞留在庫を換金化するとともに、評価損ではなく売却損で損失を実現(客観化)する動きも多いようだ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^

<目次>
第1章 新会計基準と税効果
第2章 先に税金を知っておきたい
第3章 税効果会計の概要 基礎編
第4章 将来減算一時差異
第5章 将来加算一時差異
第6章 税効果会計の概要 応用編
第7章 繰延税金資産の回収可能性
第8章 連結財務諸表に係る税効果
第9章 連結納税と税効果


ポイント図解式会計 税効果会計入門 (ビジネスアスキー ポイント図解式会計)ポイント図解式会計 税効果会計入門 (ビジネスアスキー ポイント図解式会計)
(2008/11/07)
染谷 英雄

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: