書籍:国際売買契約-ウィーン売買契約に基づくドラフティング戦略

ご承知の通り、国際物品売買契約に関する国際連合条約(通称、ウィーン売買条約もしくはCISG)は
2009年8月1日に日本でも発効されました。
契約法務担当の私としても、CISG関連の本を読んで一から勉強しないとなぁと、ずっと頭の片隅では
考えていましたが、解説本が需要と供給の関係上、4,000円位と高いこともあってずっと後回しにしてきました。
しかし今般やっと、「国際売買契約:ウィーン売買条約に基づくドラフティング戦略」という本を読んでみました。

本書は、著者がその前書きで、

「ウィーン売買条約の適用については、かねてアメリカの大手企業や法律事務所において
適用排除の考え方がとられていることの影響からであろうか、我が国の企業においても
消極的な姿勢が見受けられる。」
「企業法務の戦略法務的考え方は、法による規律を受け身でとらえて、これから距離を置くというのではなく、
むしろ法を積極的に活用しようとする事に本来的な意義を有している。」

と述べているように、CISGの内容は良く分からないから、とりあえず契約書で適用排除しておこう、
という消極的な考えではなく、CISGで自身に有利な条文は積極的に契約書に取り入れていこう、
という考えに基づき、本書は執筆されています。

その為、単純な条文・判例の解説に留まらず、CISGを踏まえた買主・売主にとっての
有利な条文例も紹介されていますので、法学を勉強している学生向けというよりは、
契約法務に携わっている方向けの本といえます。

本書で参考になった箇所は色々ありますが、今回は、準拠法条項に関する論点について
備忘の為に書き留めておこうと思います。

^^^^^(本書、抜粋)^^^^^^^^^^^^^

CISGの締結国の法規範を準拠法に指定する場合には1つ問題がある。
仮に準拠法条項が締結国法を準拠法とする旨だけを規定し、「CISGの規定の適用を排除する」
旨を明記していない場合(後掲の単純な準拠法条項例を参照)、準拠法国に指定された国の
国内実体法を適用するか、それとも当該国の法体系にはCISGが含まれるとしてCISGを適用するか、
裁判例はまちまちである。この場合、CISGのオプト・アウトとした事例とCISGを適用した事例の
両方があり、統一がとれていない。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということで、単純に「準拠法で○○国の法が適用される。」と記載するだけでなく、
CISGの適用の有無も合わせて記載しないとダメだ、ということになります。
ちなみに私の所属している会社の現在の雛形書式には、CISGについては一切触れていませんので、
上記の件については今後の課題としたいと思います。

なお、CISGは日本の民法と同じ「契約自由の原則」の考え方を取り入れており、CISGに規定されている
事項と異なる内容を契約書で合意した場合は、契約書の内容が優先されて適用されます。
そんなこともあり、雛形契約書で詳しい取引条件を定めてしまえば、あえてCISG適用の有無を
定めなくても問題ないのではないかと考えていたことも、CISGの勉強を先延ばしにしていた要因でした。

しかし、例えば、損害賠償の額について定めたCISG第74条では、予見可能性の問題はあるものの、
賠償額は「契約違反により相手方が被った損失(得るはずであった利益の喪失を含む)」と定めています。
その為、契約書に良くある日本的な損害賠償条項で、

「甲及び乙は、相手方が本契約に違反した場合は、相手方に対して損害の賠償を請求することが出来る。」

と漠然した内容を定めていた場合、場合によっては、賠償額の部分にCISGが適用されて、
想定していたよりも多額の賠償責任を負う可能性もあるわけです。

その為、今後はCISGに関する勉強をより進め、CISGの適用を排除するのか、もし排除しないのであれば、
裁判にてどのように適用されるのかを頭に入れて、当社の雛形契約書を改訂するなり、
相手から提示された契約書の修正交渉をするように努めたいと思います。

なお、CISGの和訳を読みたい方は、下記の外務省HPに掲載されていますのでご参照ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/treaty169_5.html


国際売買契約:ウィーン売買条約に基づくドラフティング戦略国際売買契約:ウィーン売買条約に基づくドラフティング戦略
(2010/02/24)
井原 宏河村 寛治

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
36歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: