書籍:法務部門の実用知識

今般は、各所で紹介されている、堀江泰夫氏著作「法務部門の実用知識」という本を読んでみました。

書籍名だけ見ますと、法務全般に関する知識を解説した本なのかなというイメージが沸きますが、実際は、知識面の解説は簡単な概説に留め、詳しく知りたい場合は参考文献に当るよう誘導してくれます。

その為、知識面の部分については既知の話がほとんどでしたが、個人的に参考になったのは、「事実実験公正証書」なるものがあることを初めて知ったことと、著者の経験によると、供託時には、契約書等の書面が取り交わされていなくても、口頭合意や商慣習を根拠に供託することが出来る場合がある、ということです。

また、知識面の他、本書では、法務部門、法務担当の在り方について解説されていますので、(私のような)一人法務状態の方、これから法務部門を一から作ろうという方に、道標を与えてくれます。

なお、本書について、類書に無い一番の特徴は、既に、はっしーさんdtkさんが自身のブログで触れられていますが、「コラム」部分に記載されている著者の生々しい体験談です。

当時、著者が在籍されていた社名については、一部、イニシャルを使い伏せられているのですが、記載されている当該会社のサービス名や商品名等の周辺知識を総合しますと、会社が特定出来てしまう中で、このような体験談を公にしてしまって古巣から怒られないか、他人事ながら心配になります・・。どのような体験談なのかは、本書をご参照ください。

なお、著者は「契約業務の実用知識」という書籍も出版されています。私はこれまで契約関係の本を沢山読んできましたので、その手の本はもうお腹一杯感がありますが、もし、本書にも、「法務部門の実用知識」のような生々しい経験談が記載されているのであれば、それ見たさに手を取ってみようかと思います。

<目次 ※目次部分は商事法務のHPからコピペしました>
総  論
第1章 法務部門とは
Ⅰ 法務部門の定義
Ⅱ 法務部門の発展過程
Ⅲ 法務部門の実態
第2章 法務部門の役割
Ⅰ 法務部門を設置する理由
Ⅱ リーガルリスク対応
Ⅲ 法務部門の立ち位置──理想は「強い法務」
第3章 企業法務の概要
Ⅰ 企業法務の内容
Ⅱ 具体的な企業法務の業務
Ⅲ 他部門(営業,財務,経営企画室,人事部等)との協同

各  論
第1章 法務部門の立ち上げ
Ⅰ D社の場合
Ⅱ N社の場合
第2章 法務部員の確保
Ⅰ 法務部員に必要な能力
Ⅱ 部員のローテーション・中途採用等・
Ⅲ 企業内士業
Ⅳ 士業の派遣・出向
第3章 法務部員の育成
Ⅰ 配属後の教育(スキルアップ)
Ⅱ 自己啓発
第4章 事業部門(依頼部門)との関係
第5章 外部専門家等との関わり
Ⅰ 弁護士・学者(鑑定意見必要時)等
Ⅱ 信用調査会社
Ⅲ 各種外部団体
第6章 法務部門に必要なツール
Ⅰ 法律書籍
Ⅱ 法律雑誌
Ⅲ データベース等
Ⅳ 社内における各種法務情報データべースの構築

法務部門の実用知識法務部門の実用知識
(2013/05/08)
堀江 泰夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: