FC2ブログ

総務&法務担当の部屋     

現在、ある企業で法務担当として仕事に従事している者です。このブログは、特に法務に関する書籍や仕事を通じて感じたことを備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
2013年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2013年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年02月
ARCHIVE ≫ 2013年02月

「ここは収入印紙の貼付場所ですよ」というような図を記載しましょう

基本契約書の左上端に、「ここは収入印紙の貼付場所ですよ」というような図が以下のように明示されていることが良くあります。

-------
| 収入印紙 |
|      |
|      |
| 200円 |
-------

なんか、アスキーアートみたいですね(笑)

このような図がないと、「今回の契約書には収入印紙を貼付すべきなのだろうか。」、「貼付するのであれば、当社としては200円の収入印紙が妥当かと思うが、先方の考えも一応、確認しなければ。」というような疑問が生じ、余計な手間・時間が発生することになります。

なので、自社の雛形契約書に上記のような図が明示されていない場合は、追記を検討されてはいかがでしょうか。また、取引先から「この契約書には収入印紙を貼付する必要はありませんか?」という質問を良く受ける、印紙税が非課税の契約書については、「収入印紙不要」と予め明示しておいても良いかもしれません。

さらに、この箇所に是非、印紙税法上の課税文書の番号(2号文書とか7号文書とか)も合わせて記載して頂きますと、契約書を提示された側が文書番号について意義がある場合、契約書の提示側の考えを確認する手間が省け、「契約書には2号文書と記載されていますが、弊社としては7号文書と考えます。」と、確認作業のスピードが一つ早くなりますので、文書番号の追記も検討されてはいかがでしょうか。
ヽ                        /
 ヽ_  _____________/
   ∨

  / ̄ ̄ ̄ ̄\
  /  ∧∧∧∧∧
 | / /  \ |
 |/  (・) (・)  |
 (6   ⊂⊃ ヽ
 |  __⊥_)  |
 |   \__/  ノ
/|      /\
スポンサーサイト