No provision may be construed against Company A as the drafting party.

今般、某取引先(A社)から提示された契約書に、下記のような条文が
記載されていました。

No provision may be construed against Company A as the drafting party.

条文の内容としては、

「いかなる条文も、本契約書の起案者であるA社に不利なように解釈されない。」

という内容かと考え、「ずいぶん自分勝手な条文だなぁ」ということで、
削除依頼を出しましたが、本当にこの理解で良かったのか自信がありません。

まぁ、上記条文は少なくとも当社に有利な条文ではなさそうなので、
「疑わしきは削除する」という(個人的な)審査方針により削除依頼を
したことは、当社に不利には働かないかと思いますが、そもそも、
上記条文についての私の理解が間違えているようであれば、どなたか
ご指摘を頂ければ幸いです・・。

スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: