自炊生活

以前、書籍や雑誌を自分で電子化する「自炊」を始めたと本ブログで書きました。

最近は、CNN English Expressや英単語集をスキャンして、
スマートフォンで見られるようにしていますが、これはかなりイイですね。

私は、本が開けない通勤等で歩いている時間は、MPSプレイヤーに入れた色々な
英語教材をリスニングしているのですが、何度聴いても聞き取れない箇所に遭遇することがあります。

その場合、全ての教材を通勤カバンに入れて持ち運ぶわけにもいかないので、これまでは、
家に帰って聴き取れなかった箇所を確認しようと思うものの、確認することを忘れて
分からないままにしているケースが多数ありました。

世の中には、英語をシャワーの様に聞き流していると、急に聴き取れるようになる、
なんて摩訶不思議な考え方が一部であるようですが、意味が全く分からない事をたくさん
聴いたところで、それはいつまで経っても雑音でしかなく、一生理解することは出来ないでしょう。

非常に簡単な例で入れば(むしろ非常に簡単な例しか思いつくことが出来ないのですが・・)、
「apple = りんご」という知識の無い中学生が、ずっーと「apple」という単語を聴いていたら
急に「apple = りんご」だと閃くことは、相当想像力の豊かな子じゃないと無理でしょう。

もしくは、読めば意味が分かる文章でも、例えば「What time is it now?」を何度聴いても
「掘った芋、いじるな」にしか聴こえない人は、英語の文章を確認しないと、
ずっと上記フレーズは聞き取れないままとなるでしょう。

ということで、今後も「自炊」を上手く利用して、英語学習の効果をUPしていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

東京英会話クラブ

最近、通勤電車では専ら知的財産管理検定2級の勉強をしているか
英語の教材を聴いており、読みたい沢山の本は積読状態で、また、
仕事に関する面白そうなネタはモロ守秘義務に引っ掛かりそうなものしか思いつかないので、
今回は、以前参加したことのある英会話サークルについて書いてみたいと思います。

そのサークル名は「東京英会話クラブ」です。
HP:http://www.eikaiwaclub.com/

東京英会話クラブは、主に東京とその近郊都市の各地で勉強会を開催しているサークルで
す。
勉強会は、1回約2時間で、初級、中級、上級とレベル毎に4~6人のグループを作って、
一分間スピーチ、司会の人がお題を決めたグループディスカッションをしたり、
マンツーマンでのトーク等もします。
参加料は、1回参加する度に500円をその場で支払うシステムになっており、
もし参加してイヤだったら1回行ってそれで終い、という選択肢もありです。

私が参加したのは今から3年前位前で、田町、品川、浅草で開催されている勉強会に
何度が参加したことがありますが、それぞれの勉強会には、「勉強会の主」みたいな
常連参加者もいるものの、ほとんどは、初めて参加する人か、参加するのは数回目の方でしたので、
良く知った仲間内だけでやっている閉鎖的な感じはなく、一見さんでも問題なく参加出来ます。

なお、参加者は基本的に英語を勉強している日本人の方でした。
その為、「ネイティブの人と会話をしたい」、「日本語訛りの英語を聞いてもリスニングの
勉強にならない」と言う考えの人には向きませんが、500円ぽっきりで約2時間、英語で会話が
出来る場というのはなかなかありませんので、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

「△△の場合、○○出来る場合がある。」は、だいたい出来る。

今回は、来月に試験が迫った知財検定2級に向けての勉強の進捗状況を書いてみたいと思います。

現在、TAC社のスピード問題集(学科編と実技編の2冊)について、3回転目を
進めている最中で、アップロード社の「パーフェクトガイド」は2回通し読みをし、
三和書籍社の「完全図解 2級テキスト」は1回通し読みが完了しました。

一番最近実施された知財検定2級(2011年3月実施)の過去問と回答は、
知的財産教育教会のHPに掲載されているので、今度、プリントアウトして
やってみる予定ですが、それ以前に実施された過去問はHPに掲載がないので、先日、
アップロード社から出ている過去問題集(2010年実施の2回分)をネットで購入しました。

ここまで、この検定試験に費やした費用をまとめてみたいと思います。

1.TAC社 スピード問題集(学科編):1,600円
2.TAC社 スピード問題集(実技編):1,600円
3.アップロード社 パーフェクトガイド:4,800円
4.アップロード社 過去問(2010年版):1,600円
5.三和書籍 完全図解 2級テキスト:3,570円
6.本検定の受験料金:15,000円
合計:28,170円

か、かなりのお金が投下されていますね・・orz

もし合格できない場合は再受験する予定なので、上記と同額とは言わないまでも、
またなけなしの隠し貯金が目減りしますので、なんとしても合格したいものです。
とはいうものの、今のところ、家で勉強をする気にはなれず、通勤電車の中でしか
勉強出来ていませんが(笑)

最後に、今回、本検定試験の勉強をしていて気付いた点・再確認した点を書いてみます。

1.「△△の場合、○○出来る場合がある。」という肢があれば、だいたい○○出来ると
  考えて間違いなし。

2.マークシート系の試験の問題集を何度も解いていますと、答えの肢を覚えてしまい、
  すらすら次の問題に進みたくなります。

  しかし、問題を解く時は、答えの肢を選ぶだけでなく、なぜその肢が正解なのか、
  他の肢はなぜ不正解なのか、その理由を頭に思い浮かべて納得してから、
  次の問題に進むようにしたいものです。
  そうじゃないと、本番に未知の、もしくは変化球の問題が出てきた時に対応出来ませんので。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

30歳からの語学留学について

これまで色々な英語学習本・雑誌を読んできましたが、「英語学習に留学は不要」という
言葉にたくさん出くわし、一旦は納得して英語の勉強をコツコツ進めようと
モチベーションをUPさせるものの、ふと、仕事等で自分の英語力のなさを痛感する度に、
「やっぱり留学して一定期間、英語漬けになる時期が無いとダメなのかなぁ」と、
留学コンプレックスを感じることがあります。

今、私が20歳そこそこの学生であれば、夏休みや休学制度でも利用し、
留学費用は親にオネダリするなり、バイトで貯金をする等して、なんの躊躇もなく
留学に飛び出していく事が出来ますが、今や私も30歳となり、いろいろと制約やら
守るべきものが出てきました。

そこで、一旦、今の私にとって留学は必要なのかどうかを整理することで、今後、
留学コンプレックスや、モヤモヤっとした感じが生じないようにしたい、
ということで、以下に考えをまとめてみました。

皆様にとっては、「そんなことチラシの裏にでも書いておけば」という内容ですので、
どうぞスルーしてください(笑)

<前提条件>
年  齢:30歳
職場環境:今の会社は勤続約5年で、職場の人間関係はすこぶる良好。
仕事内容:中規模の上場会社で一人法務状態なので、大企業の一担当では出来ないで
あろう割りと大きな案件にも深く携わることが出来、自主性を持って
仕事をやらせて貰えるので満足しているものの、全体業務の内、約8割を
占める契約審査業務にややマンネリを感じている。
家族構成:妻、1歳の長女
そ の 他:将来は海外で生活・仕事をしたい、という強い願望は特に無し。
留学形態:一口に「留学」と言っても、語学留学、大学・大学院留学、ワーキングホリデー等、
色々な留学の形態がありますが、私は、海外でしか学べないことを留学して
勉強しよう、という気持ちは特に無く、あくまで「英語の上達の為の留学」を
考えていますので、以後の検討対象は「語学留学」にします。


<メリット>
1.英語漬けの毎日を送れるため為、英語が上達する

  特に親に進められて語学留学に行く場合、もしくは日本人が多い語学学校に
  行く場合、日本人だけでつるんでしまって、 英語が全く上達しない、
  という人が多数いるようです。
  もし私が今から行くのであれば、全く日本人を拒絶することはないにしても、極力、
  海外の人と触れ合うようにするつもりですので、語学留学をしても英語がなかなか
  上達しないことは想定しません。

2.異文化交流を通して自分の考え方が多様化し、仕事等にも活かせる。

<デメリット>
1.高額の費用
  図書館で借りた「留学ジャーナル」と言う雑誌の「留学にかかるお金大特集」によりますと、
  語学留学をした場合、滞在地にもよりますが、以下の費用が掛かるようです。

  ※上記の雑誌を借りたことが奥さんに見つかり、私と娘を置いていくのかと
   小一時間ほど問い詰められました(笑)

 【トータル費用(授業料、滞在費、保険料、交通費、教材費等の諸費用込)】
 (1)3ヶ月 :70万円 ~120万円
 (2)6ヶ月 :140万円~430万円
 (3)12ヶ月:270万円~430万円

  まー、お金は今手元になくても、ローンを組むなり、親から借りる(ちゃんと返します)
  なりして、いくらでも調達する方法はありますし、個人的にはそれ程デメリットとは
  思いません。但し、上記の費用対効果は未知数ですが。

2.今の職場を辞めないといけない

  どうせ語学留学に行くなら、少なくとも1年は海外に滞在したいところですが、
  そんな長期間の休みをくれるほど世の中甘く無いので、今の職場を辞めないと
  いけなくなります。しかし、今の職場は居心地がいいし、まだまだ今の職場で
  勉強出来ることはたくさんりますので、辞めなければいけないのはかなり痛いですね。

  ちなみに、上記の「留学ジャーナル」に記載されている体験談によりますと、
  Aさんは、会社に3ヶ月の休暇を何とかお願いして貰って、おそらく費用は
  自費ではあるものの、会社に籍をおいたまま語学留学した人が紹介されていましたが、
  私は、会社がそこまで譲歩しても「手放しがたい」人材ではありませんので、とても
  そんなお願いできないですね(笑)

3.語学留学後の再就職が困難

  楽しい時間には必ず終わりがくるもので、語学留学後は再就職する必要があります。

  もし今後のキャリアを法務担当として決定している場合、帰国時点でそこそこの
  実務経験があり、海外では法科大学院や大学で法律の勉強をしてきました、
  ということであれば、新しい働き口は比較的見つけやすいと思います。
  しかし、語学留学の場合、当該期間は履歴書上のブランク期間と見なされてしまう様で、
  おそらく、今の職場と同等レベルの会社に再就職することは難しいでしょう。

<備考>
私には、奥さんと娘が一人いますので、語学留学に連れていくのか、語学留学の
期間(無職期間)の生活費はどうするのか、という問題があります。
しかし、まあ、お金の問題は何とでもなりますし、妻子の存在によって
留学をしたくても出来ない、というの考えは妻子に申しわけないので、
今回の検討においては、妻子の有無は考慮しないことにします。

<結論>
上記のメリット、デメリット、備考を検討した結果、私の様な前提条件の人は、
語学留学なせずに日本で英語の勉強をしてればー、ということになりました。

なお、私の所属している会社は、海外にも製品を販売している商社なものの、
英語が公用語ではないですし、仕事で英語を必要とするのは、1ヶ月間に3回位の
頻度で英文契約書をチェックする時位しかないこともあり、まだまだ英語学習に対する
真剣度が足りないとも感じています。

ということで、今後はもっと英語と触れる時間を増やして、日本に居ながらにして、
英語に不自由しないようになりたいと思います。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

Daily Yomiuri

2011年も早いものでそろそろ半年を経過しようとしていますが、
皆様が年始に立てた目標の達成・進捗状況はいかがでしょうか。

私は、複数立てたの目標の内、達成できた目標の他、どうやら達成できそうにないので
諦めてそもそも初めから目標としていなかったものと見なした目標等それぞれありますが(笑)、
目標の一つにしていた、「これまで購読していたAsahi Weeklyよりはもう少し難解な
英字新聞か雑誌にリーディングの教材をシフトする」という目標に先月から挑戦しています。

私は現在、Asahi Weeklyの定期購読を停止し、先月からDaily Yomiuriを読んでいます。
といっても、購読してdailyに読んでいる訳ではなく、とりあえずは通勤途中の
コンビニで週2回位のペースで購入して読んでいます。

Daily Yomiuriは、原則、読売新聞で掲載された記事を翻訳して掲載しているからか、
(個人的な印象では)文体が日本人の語感にマッチしていて、難しい単語やイディオムも
さほど使用されていないことから、モロ外国産の英字新聞・雑誌よりは読みやすい
内容になっています。

初めて読んだ時は、ニュース記事が割りとすらすら理解出来たので、これは俗に言う
英語学習のブレイクスルーが私にも来ちゃったのかと思いました。

がしかし、Daily Yomiuriは、読売新聞の翻訳版だけでなく、ワシントン・ポストや
ロサンゼルス・タイムズ等の海外の新聞記事を転載しているページがあり、このページは
当然、ネイティブ向けの表現、文体がバシバシ出てきて、すんなり理解出来ない記事が多く、
私のブレイクスルー到来期待は直に否定されました・・・(笑)

ということで、自分の中で、読売新聞の翻訳版であるニュース記事は速読用、
海外の新聞記事の転載ページは精読用として読み分けています。

上記はチャレンジしてまだ一ヶ月程ですが、今年の終わり頃には、海外の新聞記事の
転載ページも速読の対象と出来るように継続して頑張りたいと思います。

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: