書籍:だから、新書を読みなさい

表題の『だから、新書を読みなさい』という本は、私がこのブログを始める
きっかけになった『読書は一冊のノートにまとめなさい』の著者が最近出した本です。

本書では、「ビジネスパーソンが、ある一つのテーマについて、知識を少しかじって、
自分なりの意見を持つ為の新書活用術」として、「新書ザッピング術」という
手法を紹介しています。

それは、「関心がある、または勉強する必要があるテーマについて見識を深めたい時、
複数の本を使って立体的にアプローチすることで、自分なりの見解や考えの構築に
初速をつけることが出来る。」というもので、あるテーマに関する新書を三冊選んで
同時並行的に読書することを薦めています。

著者が読む対象として新書を薦める理由は、新書は比較的質の高い内容のものが多く、
単行本に比べると安価で本のサイズも小さく持ち運びが便利等のメリットがあることを
指摘しています。

個人的には、3,000円代の単行本も、今では安く買う為に古本屋をハシゴしたり
図書館でたくさんの予約待ちをせずとも、アマゾンの「マーケットプレイス(中古)」等で
安価に手に入れることが出来ますので、以前と比べると新書を買うメリットは
少なくなってきていると思います。

「新書ザッピング術」や本書に記載の読書法はそれほど目新しい内容ではないものの、
本書で面白そうな新書を探す際のツールを知ることが出来ただけでも、この本を買った
意味があったのかなと思いました。

そのツール一つは「新書マップ」という名の新書検索専門サイトです。
本サイトで興味のあるテーマを検索すると、そのテーマに近い新書をいくつかピックアップしてくれて
紹介してくれるサイトです。
このような機能はアマゾンや他のネット本屋にもあるものの、新書でとりあえず概要的な知識を
身に付けたいと、新書限定で検索したい場合にはなかなか使えるサイトではないかと思います。

次のツールは「新書ファン」というサイトで、「ほとんどのレーベルの新刊を毎月チェックし、
発行付き、レーベル、ジャンルごとにまとめている」サイトです。
特定のテーマを検索して新書を探すというよりは、新刊を本サイトで随時チェックして、
面白いテーマに関する新書が出ていれば買う、という使い方で重宝しそうなサイトです。

最近は仕事に直接関係のある本ばかり読んでいますので、手軽に読める新書で
いくつか仕事と関係の無い興味のある分野の本も読んで、知的好奇心のベクトルを
もっと色々な方向に増やして行きたいと思いました。

だから、新書を読みなさいだから、新書を読みなさい
(2009/09/11)
奥野 宣之

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: