書籍:英文契約書作成のキーポイント

中村 秀雄さん著作の「英文契約書作成のキーポイント」に、一般的にも誤解の多い
テーマが取り上げられていましたので書き留めておこうと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
IN WITNESS WHEREOF, the parties...

CFC           OFC

John Doe      Richard Roe
President      Managing Director


Witness        Witness

David Mason     Keith Bryan
Secretary       Secretary


この例には証人をつけてある。証人は各々の署名者の署名という行為に立ち会った
ものであることを示すだけで、それ以上の意味は無い。
したがって裁判や仲裁になって、署名の真正が問題になったとき、法廷で
「私はDavid Masonといい、CFOのSecretaryをしております。本契約書は私が
個人的に知っているCFC社の社長であるJohn Doe氏が私の面前で署名したものである
ことを宣誓のうえ供述します」という証言を行う用意があることを示している。
しかし、David Mason氏は契約書の中味やCFCの履行義務については全く無関係である。
その意味では証人はJohn Doeを知っている人なら相手方の人間でも(もっとも裁判技術上の
問題はあるであろうが)全くの第三者でもかまわない。

(中略)

この署名者の地位は何でもよい。ここではよくある例であるSecretaryとしただけである。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

英文の契約書の末尾には、Witness(証人)の署名が必要となる場合がありますが、
上記の通り、Witness(証人)は契約当事者の保証人でもなければ、契約の内容について
何らの義務を負う者でもありません。

ただ、日本には公正証書を別とすれば、契約書に証人を立てる慣習が無いので、
以前、私が上記の通り説明をして証人としてサインして欲しいと頼んでも、
「署名すると面倒くさいことになりそうだから何かイヤだなぁ」と怪訝な顔をされたことが
何度かあります。

確かに、「何も悪いことにはならないからここにサインだけちょうだい」と言われると、
いつかドラマで見た、「何気なく連帯保証人になって人生が狂ってしまった人」を思い出してか
躊躇してしまうのも無理はありませんが、海外と取引することのある会社の方であれば
恥をかかない為にも、Witness(証人)の意味については抑えておきたい所です。

英文契約書作成のキーポイント英文契約書作成のキーポイント
(2006/02)
中村 秀雄

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: