書籍:新下請法マニュアル

下請法について

最近、私の会社も仕入先とファクタリング決済を
開始することになりました。

そこで、対象となる仕入先との取引条件を調べたところ、
下請法上の「下請事業者」に該当する仕入先数社に対して、
サイトが120日を超える手形を交付していることが分かりました。

『新下請法マニュアル』によると、
「公正取引委員会および中小企業庁は、サイトが120日を超える手形を
交付している場合は、手形サイトを120日以内に改善するよう指導している」ようで、

新下請法マニュアル新下請法マニュアル
(2004/05)
鈴木 満

商品詳細を見る


中小企業庁が出している『ポイント解説 下請法』でも、
下請法に定める「一般の金融機関で割引が困難な手形」を、サイトが120日を越える
手形と定義しています。

これはまずいということで、顧問弁護士に確認した所、

「下請法で定めているのは、あくまで割引困難な手形の交付の為、
御社が交付した手形であれば、仮にサイトが150日であっても、金融機関が割引に応じるので、
下請法に抵触する事は無い」
「仮に、信用力の無い親事業者が、120日を超えるサイトの手形を交付した場合、
下請法に抵触する場合はある。」

という回答がありました。

直接、公正取引委員会に確認した訳ではないので、何とも言えませんが、
参考にして頂ければと思います。

ちなみに、下請法を手っ取り早く知りたい方は、『新下請法マニュアル』では、
平成17年7月の改正に対応していないので、『ポイント解説 下請法』を読んでから、
他の類書を参照することをオススメします。

^^^^^^^^^^

下請法
第4条2項2号(親事業者の遵守事項)
親事業者は、下請事業者に対し製造委託等をした場合は、
次の各号(役務提供委託をした場合にあつては,第1号を除く。)に
掲げる行為をすることによつて,下請事業者の利益を不当に害してはならない。

二下請代金の支払につき,当該下請代金の支払期日までに
  一般の金融機関(預金又は貯金の受入れ及び資金の融通を業とする者をいう。)による
  割引を受けることが困難であると認められる手形を交付すること。


スポンサーサイト

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

書籍:読書は1冊のノートにまとめなさい

初めまして。

このブログは、色々な書籍を読んで考えたこと、参考となったことを
備忘録として書き留めておく為に立ち上げました。
また、同じような業務をされている方と、情報交換も出来ればと思います。

今回、このブログを作るきっかけとなったのが、
奥野宣之さん著作の『読書は1冊のノートにまとめなさい』でした。
この本はアマゾンのレビューでは賛否両論のようですが、
「本を読んで参考になった内容をいつも同じ媒体に書き、度々読み返す」というプロセスは、
非常に重要だと思います。

サッカーや野球でさえ、何百、何千回とサイドキックやら素振りを
繰り返して上手くなっていくのに、本だけは一回読んだだけで全て理解出来る
わけがありません。

今後、日々の読書から得たことを、このブログにアウトプットすることで、
より本の内容が頭の中に残るようになればと思います。


読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
(2008/12/05)
奥野宣之

商品詳細を見る

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

hitorihoumu

Author:hitorihoumu
35歳 男 二児の父
主に、週末にブログを更新する予定です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: